大高博幸さんの 肌・心 塾
2017.11.14

病みあがりの母にオススメのメイクは? アトランダム Q & A 【 大高博幸さんの 肌・心塾 】 Vol.421

Q はじめまして。私の母のコトで御相談させてください。母は 3 ヶ月前に 約 1 ヶ月入院、今は退院して経過観察中です。しかし 退院後も元気がなく、メイクも何もする気になれないようで、基本的なスキンケアをする以外は、スッピン状態で過ごしています。母は 元々はオシャレな人で、クラスメイトたちから羨ましがられていたほどなのに、これからメイクもしない状態で過ごすのかと思うと悲しくなります。こんな私に、母にオススメの 1 品や方法がございましたら、ぜひ教えてください。( サトミ、28歳、乾燥肌 ( 母も ) 、会社員 )

 

A オシャレな方、チャーミングな方が、病気や大きな不幸に見舞われた後、美容から遠ざかってしまうという話、よくあります。とても残念で悲しいコトですよね。

サトミさんには まず、お母様のために 花を用意するところから始めるよう、オススメします。キレイに咲いている花を 毎日 一輪 用意して、お母様の目に止まる所へ飾ってください。
それから、お母様が一番好きな花に最も近い色の口紅を用意して、お母様を花にしてあげましょう。サトミさんが塗ってあげて「 よく似合う 美人は やっぱり 得よね! 」などと、大いに誉めてあげるコト。このステップが大切です。
できれば、自然で上品な 艶と透明感のあるタイプで、発色も まろやかな口紅を選んでください。
オススメは…、宣伝のようになって恐縮ですが、今年 僕が開発に携わった、大人の女性向きの口紅です。

01

セリジエ モイストリフトルージュ 上から、14、18、16、54、70、58 全 6 色 本体 ¥1,900、税込 ¥2,052
これは、メイクがワンパターンになりつゝある or なってしまっている女性や、スッピン状態で過ごす日もあるという方々に、女性の顔の花園にたとえられる唇を 美しく彩ってほしいという願いを込めて開発された口紅、試作を何度も繰り返して完成に至った製品です。 9 月初旬に全 6 色が発売されると間もなく 品切れが続出するほどのヒットを記録し、この冬に向けて 新たな 3 色も発売されます ( 同時に、期間限定のボーナス価格セールも始まるとか ) 。
どの色も、肌から浮かない発色にするために 隠し色としてベージュを用いている上、トリートメント成分等が 唇の縦ジワをなめらかに整えるので、透明感のある 程よく艶やかな唇に仕上がります。リップブラシで塗っても、スティックをダイレクトに唇に滑らせて塗っても OK です。

 

%e4%bf%ae%e6%ad%a3%ef%bc%93

なお、この口紅が大々的に紹介された『 ハルメク おしゃれ 』9 月号に、読者モデルさんと一緒に僕も登場しました ( それを御覧になった 美的.com読者の カナさん、ヨーコさん、ユミコさんから感想のコメントを頂き、とても嬉しく思っています ) 。カメラの前に立つのは久し振りで、少々気おくれしたものの、カメラマン・宮崎貢司さんの御好意により、ここにアップさせて頂くコトとなりました。
モデルは 東京都在住、56 歳の松元展子さん。昨年 大病を患い、現在 経過観察中とのコトですが「 暗く落ち込んでいた自分を もっと前向きにするために、主人に写真を撮ってもらって、読者モデルの募集に応募しました 」とおっしゃっていた、率直で とてもチャーミングな奥様です。

_miy0130a _miy0447

上のスナップ写真 2 枚は 初公開。写真左は、メイク中の松元さん、ヘア担当のメグさん、そして大高です。右は、スタイリストの O さん、編集担当の皆さん、製品開発責任者の K さんら、カメラマンの宮崎さんを除くスタッフ全員の集合写真です。

では サトミさん、まずは 口紅 1 本から始めて、ファンデーションや頬紅へと お母様がメイク心を取り戻し、気力・体力共に 回復の道を進まれるよう 願っています。Good Luck!

セリジエの口紅について、詳しくは ec.halmek.co.jp、または 0120-12-8609 ( 月~金、10:00~17:00 対応 ) へ。

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問も受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
biteki-m@shogakukan.co.jp
(個別回答はできかねますのでご了承ください。)

ビューティ エキスパート
大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸さんの 肌・心塾
http://biteki.com/beauty-column/ootakahiroyuki

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事