大高博幸さんの 肌・心 塾
2010.4.28

大高博幸の美的.com通信(15)『アリス・イン・ワンダーランド』話題沸騰!豪華絢爛、ファンタジー絵巻!!

封切られて3日目の4月19日、観に行ってきました、丸の内まで(試写の招待状は届かなかったの)。何か月も前から首を長くして待っていたティム・バートン(『チャーリーとチョコレート工場』の監督さん)の新作です。
美しくも奇抜×グロテスク、視覚的効果抜群、箱庭的&万華鏡的ファンタジーの超大作。

この映画でのアリスは、幼い少女ではなくて19才の娘(演ずるのは新星ミア・ワシコウスカ)。政略的結婚を嫌って逃げ出したアリスが、ウサギの穴に落ちて不思議の国をさまようという設定。カラフルに変化するシーンを通して、彼女の深層心理が描き出されています。そこに監督さんの愛が込められている感じ。子供が観ても大いに楽しめますが、この映画のコア・ターゲットは、自分探しor自己のアイデンティティを確立中のみなさんでしょう。

帽子屋ジョニー・デップ、赤の女王へレナ・ボナム=カーター、白の女王アン・ハサウェイらの奇天烈(きてれつ)orエキセントリックなメークが素晴らしい。ただ、白の女王の眉はブラックブラウンじゃなく、ヘアと同じプラチナブロンドにすればもっとよかったはず…と僕は思いました。

以下はオマケ的な情報ですが、この映画をイメージしたコラボ・ネイルカラーがOPIから発売に。インパクトの強い4色があって、サマーシーズンには特に大活躍しそうです。
10427BNohtaka_03
アリス・イン・ワンダーランド OPIネイルカラー(各2,100円)限定発売中
(c)Disney Enterprises, Inc

■映画「アリス・イン・ワンダーランド」:http://www.disney.co.jp/movies/alice/
■オーピーアイジャパン:http://www.opijapan.com/

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事