美的GRAND
ハッピー体質改善
2021.9.9

【ナマケモノダイエットって何?】“最後の砦”ダイエット(1)

本誌秋号でも少し掲載されますが、12年前から雪だるま式に増え続けた体重を激減させるべく、アヴェニュークリニックの「ナマケモノダイエット」コースを2か月間敢行。その体験を赤裸々に綴ります。“NO MOREリバウンド”!【小内衣子「ハッピー体質改善」vol.1】

【2か月で体重の10%減を目指す奇跡のダイエット】

ほっそりとか華奢という言葉に生まれつき縁のなかった私。中学時代から、その当時効果抜群といわれたダイエット(リンゴ、パイナップル、キャベツなどの“それだけ食べる”ダイエットや、糖質オフダイエットなど)を片っ端から試してはリバウンドを繰り返してきました。社会人になると、痩身エステやダイエット鍼、ダイエットジムなどに私財をつぎ込んで体を絞るも、やっぱりいつの間にかリバウンド。でも、ダイエット鍼で1ヶ月に12キロ近く体重が落ちた経験から、「本当に痩せたいなら、鍼に行けばいい」くらいに高をくくり、安心しきっていたんです。

そんな私が出版社勤務から独立し、フリーの美容エディターになったのが12年前。慣れない原稿書きに時間がかかり、平均3〜4.5時間の睡眠の日々。代謝が悪いのは当然です。どんどんと体が重くなり気づいたらプラス15キロ! まさにザ・オバサン。写真を撮られるのも人前に出るのもイヤになりました。地味に糖質オフやジム通いもしましたが、以前と違って(加齢って残酷)全然体重も体脂肪率も落ちません。

202110grand-1

そんな悶々とした日々に光を差し込んでくれたのが、ダイエットエキスパートの美容ライター村田由美子さんからのひと言。「『ナマケモノダイエット』、スゴイですよ」。なんと興味深いネーミング! 「このままでは糖尿病になっちゃう」「もっと自分に自信をもちたい」という気持ちに後押しされ、挑戦することにしました。

202110grand-2

訪れたのは「アヴェニュー六本木クリニック」(東京都港区六本木7-14-7 トリニティビル5F www.a6-clinic.com/)。先生の問診後、採血して初回は帰ります。
1週間後が2回目の訪問。全部で5回通います。この日は血液検査の結果を聞き、中性脂肪が多いことや消化酵素が低いことなどを再確認(汗)。いよいよ「ナマケモノダイエット」の本格スタートです。

202110grand-3

202110grand-4

202110grand-5

まず行ったのが「クールテック&アンチメタボ点滴」。「クールテック」は、お腹の皮下脂肪を吸引しながら約−8℃まで凍らせて脂肪細胞をアポトーシス(細胞死)させます。その後、2か月間で徐々に脂肪が排出されるというから驚き。さらに、糖や脂質の代謝を促すアンチメタボ点滴を受けた後、「サクセンダ」(※)と呼ばれる肥満治療薬を皮下脂肪に注射する練習をします。これを毎日昼食の前に自分で打たなくてはなりません。サクセンダを打つことで胃腸の働きがゆっくりになり、満腹感をキープしてくれるため、食べる量が減るのです。最後にビタミンやミネラルなどバランスよく摂取できるサプリメントをいただき、2回目も終了しました。

※ サクセンダは米国食品医薬(FDA)、ヨーロッパ医薬品許可当局(EMA)、韓国の食品医薬品安全処(MFDS)等、海外で肥満治療薬としての承認を受けています。日本国内では自由診療として医師の管理下で処方が可能です。

その後は、2週間おきに3回通院して、「エムスカルプト」という痩身マシーンで筋トレしながら「アンチメタボ点滴」を打つ、というメニューを受けます。この「エムスカルプト」がまたスゴイ。

202110grand-6

お腹部分に大きな円盤のようなものを装着すること30分。まるで道路工事の地固め機で揺さぶられているかのように、ダダダダダと2万回も筋肉が収縮されます。終わる頃にはヘトヘトに。こうして筋トレもしてくれることで、ただ脂肪が落ちるのではなく、筋肉をつけて引き締まったボディにしてくれるというありがた〜いメニューなのです。

最初の1週間でスルスルと体重が4キロ落ち、その後会食があったりして下げ止まり。でも食べる量が明らかに減って、糖質や脂っこいものは極力避けるようになり、赤身の肉やマグロの刺身などのタンパク質やサラダ中心の生活となったことでまた体重が減り始めました。あと1か月とちょっとあるので、いい報告ができるように頑張ります! 続きは次回にたっぷりご報告しますね。

202108grand-5
美容エディター
小内衣子
大学卒業後、ラジオ局の報道記者として警視庁記者クラブに所属。都内の殺人・強盗事件から全国の事件・事故・自然災害などを取材。目の当たりにしたことを自分の言葉で伝える仕事に生きがいを感じ、放送業界→出版業界へと転職。女性ファッション誌のライターを経て、約10年間美容担当編集を務める。その後、友人と共に編集プロダクション『PRIMADONNA』を立ち上げ、『美的』や『美的GRAND』のほか、ファッション誌の美容ページの編集・ライティングを担当。趣味はゴルフ、ドライブ、映画鑑賞、サウナ巡り、そして韓流♪

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

あなたにおすすめの記事