お悩み別ケア
2019.7.7

神崎恵さんは夏の朝でも“オイル”がマスト! 憧れのツヤ肌に仕上げる朝の基本フェースケア

オイルはベタつきそう…という思い込みは、使い方が間違っているから。洗顔後すぐの肌に使えば軽やかになじみます。オイルの後はクリームでフタをして潤いの持続力を高めるのが神崎流。詳しいオイルの使い方を美容家の神崎恵さんに伺いました。

夏の朝でも快適! 軽やかオイル

軽やかさを重視するなら、水系の美容成分とオイル層との2層になったタイプのオイルがおすすめ。

201908g194bimo5721
水系比率が高くかなり軽やか。
カネボウインターナショナルDiv. カネボウ スキン グロス オイル ウォーター 50ml ¥5,000

201908g194bimo5720
植物油&精油100%ながら軽やかでベタつきなく良い香り。
アリエルトレーディング ファミュ アイディアルオイル 30ml ¥6,000

201908g194bimo5723
ピテラを配合したオイル。
SK-II フェイシャル トリートメント オイル 50ml ¥16,500(編集部調べ)

201908g194bimo5719
海藻由来の美容成分を贅沢に配合。
ドゥ・ラ・メール ザ・リニューアル オイル 30ml ¥29,000

夏の朝でも必ず! 「1円玉大オイル」の基本の使い方

ブースターとして、洗顔後すぐの肌になじませます。オイルを軽やかな感触でベタつきなく使えて、肌が柔らかに整います。

【ブースター使い】洗顔後すぐ、水気を残した肌に

p194-1
(1)使用量は、顔と首で1円玉大くらい。顔に水気が残っている状態でオイルをなじませれば、その後の化粧水は不要な程みずみずしく仕上がります。

p194-3
(2)手のひらで包み込むように顔全体になじませます。目元や口元など細かい部分は指先で。

p194-9
(3)首やデコルテまで広げ、その後美容液やクリームなどで仕上げます。

【美容液使い】乾燥が特に気になるときは化粧水の後に美容液として

肌をもっちりさせたいときの使い方。化粧水の後に美容液として使うと、オイルならではのリッチな使い心地&ツヤが得られます。

p194-2
(1)美容液として使う場合は、少し量を控えめに。1円玉大の半分くらいを使います。オイルの種類にもよるので、自分なりの適量を調整して。

p194-4
(2)乾きの気になる所を念入りにハンドプレス。手の熱でじっくりと浸透させます。

p194-5
(3)その後、クリームを重ねて仕上げます。

夏のオイル使いの疑問Q&A

p194-11

Q.夏はベタつきませんか?

A.気になるなら、軽やかなオイルを選んでみて
一言でオイルといっても、サラサラのものからこっくりタイプまでさまざまなものがあります。右でも紹介しているような水系成分とオイルが2層になったタイプは、軽やかで使いやすいですよ。オイルの後に使うコスメをジェルクリームなど軽いものに切り替えるのもおすすめです。

 

Q.どんなメイクが似合う?

A.流行のマットリップに挑戦してみては?
ツヤのある生っぽいオイル肌には、どんなメイクも似合います! マットな赤リップで、肌と唇にコントラストをつけるのも今どきで素敵。

 

『美的』8月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、河野 望(静物) ヘア/工藤由佳 スタイリスト/コギソマナ、高橋尚美(静物) 構成/もりたじゅんこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事