お悩み別ケア
2019.4.16

【美的6月号付録速報】「毛穴汚れスッキリ! ブラシ」で白毛穴、黒毛穴、赤毛穴、開き毛穴に喝!|人気H&M高橋里帆さん監修

「毛穴」をキレイにしたい一心で考え抜いた、約23,000本の極細柔らか毛&猫の肉球みたいな凸凹ブラシが、毛穴ひとつひとつに溜まった汚れや過剰な皮脂に絶妙にリーチして優しくオフ! 人気ヘア&メイクアップアーティスト 高橋里帆さん監修の「毛穴汚れスッキリ! ブラシ」をご紹介します。

皮脂や汚れを優しくオフして毛穴レスのメイク映え肌に♪

\ホワイト×シルバー×ベビーピンクの爽やか&可愛いデザイン/
201906gfuroku1

気温と湿度がだんだん上がり、汗や皮脂が出やすいこれからの時季、気になるのはやっぱり「毛穴」!
ひと口に毛穴といっても、「白毛穴」「黒毛穴」「赤毛穴」「開き毛穴」など、さまざまな悩みがありますが、今月号の付録はそれらにすべて対応する筆タイプの洗顔ブラシ「毛穴汚れスッキリ! ブラシ」です♪

今回監修してくれたのは人気ヘア&メイクアップアーティストの高橋里帆さん! ご自身も毛穴レスで超なめらか、エイジレスな美肌をもつ里帆さんに、このブラシの良さを語っていただきました。

「毛穴が目立つ大きな原因は、毛穴に詰まった皮脂や汚れ。毛穴が目立っていると、どうしてもベースメイクが厚塗りになるからメイクくずれを起こしやすいんです。それを阻止してくれるのがこの『毛穴汚れスッキリ! ブラシ』。柄は絶妙な長さと太さで手元にしっかりフィット。ブラシ部分には毛穴1個よりも細く柔らかな人工毛が約2万3,000本も! さらにブラシ先端の猫の肉球みたいな3つの突起が、肌を傷めることなく皮脂や汚れをスッキリ&優しくオフしてくれます。使用するのは週1~2回でOK。どんな毛穴タイプの人でも簡単にケアができるこのブラシ、今日からさっそく洗顔時に使ってみてくださいね♪」

 

直径:約1.8cm、全長:約13cm、重さ:約22g

 

【POINT 1】毛量約23,000本&1本の毛の太さ約60μmの柔らかブラシは肌当たり◎!

201906gfuroku2
ブラシの毛1本1本がしっかり毛穴まで届く!
1本の毛の太さは約60μm。上質で柔らかな人工毛を、なんと約23,000本も使用。だからこそ、毛穴に詰まった皮脂や汚れのひとつひとつにアプローチすることができるんです!

 

【POINT 2】絶妙な長さと太さの柄は使いやすさ抜群♪

201906gfuroku3
ペンみたいに持って使うと毛穴を狙いやすい♪
ブラシの全長が13cm、柄の太さが約1.8cmの、女性の手元に絶妙にフィットするサイズ。シルバーとピンクの境目あたりで、ペンを持つようにして使うと小回りが利きます。

 

【POINT 3】ブラシ先端の3つの突起が毛穴奥の汚れまでスッキリ&優しくオフ!

201906gfuroku4
肉球みたいな3つの突起が毛穴をケア!
ブラシを真上から見ると、猫の肉球みたいな3つの突起が! これにより、肌当たりは優しいのに、毛穴に詰まった皮脂や汚れをスッキリかき出すことが可能となりました♪

「毛穴汚れスッキリ! ブラシ」の使い方

201906gfuroku5
(1)毛穴が気になる部分に洗顔泡をのせる
メイクを落とした後の洗顔時に。洗顔料をしっかり泡立ててから、まずは毛穴が特に気になる小鼻周りに泡をON。事前にホットタオルで毛穴を開かせておくと効果アップ! 洗いたいパーツごとに洗顔料をON。

201906gfuroku6

201906gfuroku7
(2)ブラシでクルクルと円を描くようにして汚れ&皮脂をオフ!
ペンのように柄を持ち、小鼻にのせた洗顔泡の上からブラシ先端を垂直に当てる。優しく円を描くようにクルクルと約30秒~1分間、肌の上を滑らせる。ほかのパーツが気になる場合は同様に行い、最後にぬるま湯で泡をまとめて洗い流して。肌の上で優しく円を描くように…強くこすり過ぎないよう注意して!

201906gfuroku8
毛穴レスなツルスベ&なめらか美肌をGET♪

201906gfuroku9
寄ってもこんなにキレイ★

 

監修してくれたのは…
201906gfuroku10
ヘア&メークアップアーティスト 高橋里帆さん
HappyStar所属。その人が本来もつ美しさを引き出し、格上げするメイクでモデルやタレントからの指名も多数。スキンケアやボディケアの知識も豊富で、自身も毛穴レスな美肌のもち主。
「毛穴を洗うのに最適な洗顔ブラシです!」

 

※ライト版にはこの付録はつきません。

付録の不足・不良品についてのお問い合わせ:
小学館制作局コールセンター
TEL 0120・336・082
受付時間:9:30〜17:30(土・日・祝休日を除く)
受付期間:2019年7月19日(金)まで

 

『美的』6月号掲載
撮影/城 健太(vale./人物)、John Chan(静物) スタイリスト/坂下シホ(人物)、シダテルミ(静物) 構成/内田淳子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事