ネイルHOW TO
2018.5.29

マニキュアのきれいな塗り方をおさらい!どんなデザインにも応用できるベースコート&マニキュアの塗り方の基本

季節やファッションにあわせてネイルをチェンジするのって楽しいし、テンションも上がりますよね。今回は、ネイル初心者さんや、ムラ&はみ出し防止策に悩んでいる人必見! ベースコートとマニキュアの基本的な塗り方を、おすすめアイテムとともにご紹介します。基本をおさえておけば、手の指はもちろん、足にも、そしてグラデーションなどどんなデザインにも応用できるはず!

【目次】
マニキュアを美しく塗るための基本ネイルケア
美しく魅せるマニキュアの塗り方
マニキュアがはみ出してしまったら…

マニキュアを美しく塗るための基本ネイルケア

マニキュアを美しくのせるには、まずはネイルのケアが大切です。セルフネイルケアの手順をおさらいしてみましょう。

用意するのは…ネイルファイル・スティック・キューティクルリムーバー

1

左/爪用やすり。シャンティ デュカート エメリーボード 8枚入り ¥450

中/ケア&アートに便利。シャンティ デュカート マニキュアスティック 6本入り ¥380

右/甘皮を柔らかくし、爪表面の不要な角質を除去。貝印 KOBAKO キューティクルリムーバー ¥1,800

(1)甘皮を周りをすっきり整える

p138-8

よりネイル映えする指先のために。キューティクルリムーバーを爪周りの甘皮部分に垂らし、スティックでクルクルと甘皮を押して。

(2)ファイルは45度に入れる

p138-9

爪の長さを整えるときは、 二枚爪を防ぐため爪切りではなくネイルファイルを使って。まずは爪の端から45度に斜めにスッと当てて。

(3)先端は90度に当てて削る

p138-10

先端を削るときは、爪に対してファイルを90度に当てて。左右に動かすのではなく、一定方向に動かすのが美しく仕上げるコツ。

美しく魅せるマニキュアの塗り方

続いて、マニキュアのきれいな塗り方です。

用意するのは…ベースコート・トップコート・ネイルオイル

2

左/ベースコート:表面をなめらかに整え、ネイルの色もちもアップ。エッシー ファースト ベース ¥1,500

中/トップコート:数秒でツヤツヤに美しくコーティング完了。イヴ・サンローラン・ボーテ ラ ラック クチュール クイックドライ トップコート ¥3,200

右/ネイルオイル:指先にツヤ&潤いをプラス。ポール & ジョー ボーテ ネイル トリートメント オイル ¥2,000

(1)まずはベースコートから!

p138-11

爪表面の油分をティッシュなどでしっかり拭き取ってから、ベースコートを。ボトルのヘリでよくしごいて、少量をブラシにとって。

(2)中央を塗ってから両端を

p138-12

まず爪の中央を塗ってから両端を塗りつぶすことで、 均一で美しい仕上がりに。根元から先端に向かって、テンポ良く塗っていって。

(3)べースコートを爪の先端にも

p138-13

ブラシに残った少量のベースコートは、爪の先端のエッジにもスッと塗って。先端にも塗っておくことで、先端のネイルの剥げを予防。

(4)ボトルのヘリでしっかりしごく

p138-14

ネイルを美しく仕上げるコツは、ブラシに多すぎず少なすぎず適量のマニキュアをとることから。まずはエッジを塗るのでごく少量をとって。

(5)先端のエッジから塗る

p138-15

(4)でごく少量のマニキュアをとったブラシで、まずは爪の先端のエッジに塗って。この部分も忘れずに塗るのが、色もちを良くするカギ!

(6)ムラづきしないように適量のマニキュアをとる

p138-16

爪表面に塗るマニキュアは、(4)でとったよりも多めに。ボッテリとムラづきしないよう、ボトルのヘリで軽くしごいて適宜調整して。

(7)マニキュアも爪の中央から塗る

p138-17

マニキュアもベースコート同様、 爪の中央部分から。爪の根元から先端に向かってスッと素早く塗って。

(8)テンポ良く両端も塗って

p138-18

(7)のマニキュアが乾き始めるとムラになってしまうので、 左右の端も皮膚につかないようギリギリに、テンポ良く塗り足していって。

(9)トップコート→オイルで仕上げ

p138-19

マニキュアを(6)〜(8)の要領で2度塗りし乾いたら、中央→両端の順にトップコートを。乾いたらオイルを爪の根元に垂らしなじませて。

マニキュアがはみ出してしまったら…

%e3%81%af%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%82%99%e3%81%97

マニキュアを塗るときにはみ出して皮膚についてしまったら、スティックの先端にコットンを巻きつけ、リムーバーを少量つけてから拭いましょう。綿棒よりも的確かつ繊細にオフできます。

『美的』7月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、恩田はるみ(静物) ネイリスト/田中千穂(brace Nail) モデル/土屋巴瑞季 構成/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事