ネイル・デザイン
2016.1.8

これだけは知っておきたい! セルフネイルをきれいに見せる爪の整え方

セルフネイルをサロンに行ったような仕上がりに見せるには、まず第一にネイルの形が大切。丁寧にやすりをかけて女性らしい指先に整えて。
教えてくれたのは…
_SA16182
兵藤 愛さん
Garlandネイリスト。トレンドのカラーやデザインの提案で、美容関係者からの支持も厚い。

 

\テクニック1/
渋色には短めの爪だと重すぎず、バランス◎。爪の整え方をマスター
1 長さを短く調整する
_SA16206
爪の中央にやすりを当てます。一方向にやすりを動かし、爪を仕上がりの長さまで削ります。

 

2 爪の角を丸く整える
_SA16208
片方の角に斜めにやすりを当てます。手首のスナップを使い一方向に動かし、丸く整えます。

 

3 反対側も同様に整える
_SA16210
2と同様に一方向にやすりを動かします。爪の輪郭がなめらかになるように方向を変えてチェック。

 

 

\テクニック2/
キレイな仕上がりには油分除去ベースコートが不可欠
1 爪表面の油分を拭き取る
_SA16219
キッチンペーパーなど、ケバ立ちのないものに除光液を含ませて爪の表面を拭き取ります。

 

2 爪の生え際や裏側の汚れを取る
_SA16221
根元やサイド、爪の裏側などの汚れも拭き取ります。ムラなく、浮きなくネイルが密着します。

 

 3 ベースコートを爪の先端に塗る
_SA16230
ベースコートはまず、先端部分をなぞるように塗ります。剥げにくく、ネイルのもちがアップ。

 

4 爪の表面にベースコートを塗る
_SA16237
よれ防止のため、液を取りすぎないよう注意。中央、左、右の順に根元から先端へ薄く塗ります。

 

 

 

2016年1月号掲載

撮影/岩谷優一(vale./人物)、今野圭介(静物)、片岡祥(取材) ヘア&メーク/川㟢瞳(PEACE MONKEY) スタイリスト/河野素子 モデル/三枝こころ 撮影協力/UTUWA デザイン/高安晶子 構成/山梨智子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事