メイクアップニュース
2021.8.17

宇垣美里さんがピンクメイクでビューティー・エディター役に挑戦!「彼女はキレイだった」の現場に潜入

「美的」で連載中で、美容オタクの宇垣美里さんが、連続ドラマに初出演。「彼女はキレイだった」(火曜夜9 時放送/カンテレ・フジテレビ系列)で美容編集者・須田絵里花を演じています。今回は「美的」にて連載を担当している美容編集デスクが、宇垣さんに編集部を案内してもらいながら、ドラマのことやセルフメイクについてインタビュー。宇垣さんが考える玉の輿を狙う肉食系女子メイクにおすすめのアイテムも聞きました!

_son3726

小道具が本格的!話題のドラマの編集部の舞台裏

宇垣美里さんが演じる須田絵里花が働くのは、ファッション誌「ザ・モスト」編集部。ビューティー・エディターとして、中島健人さん演じる長谷部宗介副編集長のもと、雑誌作りをしています。

宇垣さん自身、美容が大好きでそのコスメオタクっぷりを1冊にまとめたい!とオファーして出版した『宇垣美里のコスメ愛』(小学館刊)の著書があったり、「美的」など様々な美容誌や雑誌などで美容について語っていたり。私をはじめ、多くの美容編集者を間近で見ています。

美容編集者のイメージを聞いてみると、「ご一緒させていただく美容編集の方々は、みんなパワフルで、明るくて、楽しそう!私も須田絵里花には、そういうポジティブな感じを出したいなと思って演じています」と、嬉しいイメージ♪確かに、いつも撮影現場では、美容チームはコスメの話で大盛り上がり!「あのコスメがいい!」「最近出たあのコスメ使ってみてどうだった?」など、連載の撮影時でもヘアメイクさんをはじめ、毎回コスメトークを楽しんでいます。(実際に今回のインタビュー中も、「美的」を見ながら、コスメの話で脱線も…)

_son3735

編集部のセットは圧巻!こんなに素敵な編集部で働けたらいいなと憧れるほどのスタイリッシュな編集部です。

_son3739
宇垣さんがドラマで使用しているデスクに案内してもらうと、そこには美容グッズがずらり!パソコンの画面には、作成中の原稿のようなものも。実際に美容編集者たちは原稿を書きながら、コスメを試したり、仕事中に使える美容アイテムなどを置いていたりするので、まさに美容編集者のデスクが再現されていました。

_son3709
小道具でポーズをとってくれる宇垣さん

ドラマ初登場ということで、周りの反響を聞いてみると、「火曜夜はラジオのスタッフの方と一緒にいるので、まるで子どもがテレビに出演した親のように、『出てきた!』『いいね!』など褒めてくれて、嬉し恥ずかしい思いです(笑)」。と照れながら話してくれました。

“須田絵里花”のイメージは、ピンクメイク!

実はドラマのメイクは、セルフ!“玉の輿を狙う肉食系女子”というイメージを、宇垣さんなりにメイクで表現しているそう。メイクのテーマは「ピンク」。芯の強そうだけど、かわいげも欲しいということで、大人ピンクのアイテムを選んでメイクしているそう。

実際に宇垣さんが使用しているアイテムはこちら!

HyperFocal: 0(C)CHANEL

シャネル レ ベージュ パレット ルガール テンダー ¥8,250
発売すぐ話題となった大人赤ピンク系メイクを作れるアイシャドウパレット。肌なじみ良く、重ねることで陰影のある程よい色気のある目元を演出。「美的のオンラインイベントの控室で、ヘアメイクさんがおすすめして下さって、使いやすい色味でヘビロテに!」

HyperFocal: 0

ナーズ ハードワイヤード アイシャドー 5334 ¥2,750
ピンクとゴールドのラメがきらめく単色アイシャドウ。「『宇垣美里のコスメ愛』の中でも紹介していますが、色味とラメ感のバランスが天才。下まぶたにのせると、ほどよい甘さに」
他にもお気に入りのアイテムを使用して、宇垣さんなりのピンクメイクをしています。また、「普段、自分のファッションでは選ばない、かわいらしいふんわりワンピースやアクセが衣装なので、コスプレ感覚で楽しんでいます♪」と、話していました。宇垣さんのメイクやファッションにも注目です!

_son3714
最後にドラマの見どころを聞きました!

「これからドラマはどんどんラブストーリー以外にコメディ要素が強くなるので、ますます元気が出るドラマになっています。6話から、私が演じる須田が、会社の会長の息子が編集部にいるという噂を聞きつけて、調査を開始。アタックしていくので、サブストーリーとして注目してください」

bngf7277

ドラマ「彼女はキレイだった」より

8月17日夜9時放送の第6話は、編集部に戻ってきた愛(小芝風花)は、ファッションやメイクも洗練された姿で登場し、編集部メンバーは驚く。本格的に自身が考えた童話企画をスタートさせる。一方、宗介(中島健人)は愛を演じている梨沙(佐久間由衣)に、自分の知っている“愛”ではないかもと疑問をもち…。さらに樋口(赤楚衛二)も愛へアプローチし始め…4角関係が急加速!見逃せません。

火曜夜9時は、『彼女はキレイだった』で、元気をチャージするのはいかがでしょうか。

poster

『彼女はキレイだった』(火曜9時/カンテレ・フジテレビ系列)

出演:中島健人、小芝風花、赤楚衛二、佐久間由衣ほか

あらすじ: “最恐毒舌”エリートと無職の残念女子の“初恋すれ違い”ラブストーリー!
冴えない太っちょ少年がイケメンエリート副編集長となって帰国してきたが、初恋の優等生美少女はまさかの残念女子に!同じ編集部で働くことになった2人の恋の行方は…?

公式サイト:https://www.ktv.jp/kanokire/
(C)MBC/脚本チョ・ソンヒ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事