メイクアップニュース
2022.9.24

D-UPのクリームペンシルが付録! シナモンブラウンライナーで抜け感漂う目元に♪|『美的』11月号付録違い版特別付録

\"\"

主役もはれるし、脇役にもなれる。その懐の深さが魅力です。ベスコス常連、プロにも人気のアイライナーは、どう使ってもオシャレに仕上がる。くっきり色を楽しんでもいいし、ぼかしてナチュラルに仕上げても◎! 『美的』11月号付録違い版で試せるから完売する前にチェックして♪

ナチュラルにぼかしてあえて脇役に! シナモンブラウンライナーで抜け感漂う目元

202211g36-1
クリームペンシルは、独特のとろけるようなテクスチャーを生かして引いたラインを柔らかくぼかせば、ナチュラルなのに奥行きのあるまなざしに! オレンジ味を帯びたカジュアルなムードのシナモンブラウンカラーなら、上下の際をぐるりと囲んでも重くならず、抜け感をキープできます。

「ザクっと太く引いたらぼかす。とろける質感だからこそできる新しいライン使い♪」(H&M 長井かおりさん)

 

使用アイテム

202211g36-3
ホイップを固めたような“ふわとろ”質感。力を入れなくてもなめらかに描けて、ぼかしも簡単。肌に密着した後は、抜群の耐久性を発揮! 極細楕円芯で太さの調整も自由自在。
ディーアップ エアクリームペンシル シナモンブラウン ¥1,320

\BITEKIオリジナルロゴ入り! 今月号の付録違い版で試せます!/
202211g36-2
※通常版・SPECIAL EDITIONにはつきません。

202211g36-4
ブラックで目元を引き締める
シナモンブラウンのラインにカーキグリーンのシャドウ。色×色の目元は黒マスカラでピリリと引き締めて。
ディーアップ パーフェクトエクステンションマスカラ forカール ブラック ¥1,650

 

メイク方法

202211g36-5
シナモンブラウン×カーキグリーンのオシャレ配色

\Kaori’s advice/
202211g36-6
とろけるクリームペンシルは、ぼかして脇役感覚で使うとまた違った表情に。楕円芯は広い面を寝かせるようにして、上下のまつげ際にあえて太めに引く。その後チップでなぞるようにぼかしてシャドウライナー風を狙うと、深みが出つつもキツく見える心配なし!

 

\11月号付録違い版についています!/
202211ghyoushi2

 

『美的』2022年11月号掲載
撮影/岡本 俊(まきうらオフィス・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/辻村真理  モデル/安部 乙 構成/杉浦由佳子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事