メイクHOW TO
2020.11.22

チーク=血色とは限らない。バターベージュ色で凜とあか抜けた美しさへ|冬の掟破りメイク

この冬は、いつものメイク概念をひっくり返す鮮度の高い顔にトライ。 “え、ここにこの色をー?”“この入れ方で、そんなふうに見えるのー?”そんな驚きと共に、新しい私へGO!

チーク=血色とは限らない。バターベージュ色で洗練された雰囲気に

202012gp68-1
凜とした、あか抜けた美しさをかなえるならベージュ系のチークが大きなカギに。甘さレスのカラーを使うことで、顔だちに立体感をもたらしながらも、かわいさよりスマートな美人感がぐっと引き立つ仕上がりを実現。

How to make up
202012gp68-2
ほんの少し頬骨の下側を意識して、楕円形にサッとブラシでひとはけ。スキントーンと一体化し、美肌印象を高める効果も。

ITEM
202012gp68-21
シルキーな感触で溶け込むようにフィットし、粉っぽさとは無縁。
アンプリチュード コンスピキュアス モノチークス 01 ¥5,800

コンスピキュアス モノチークスの詳細はこちら

OTHER ITEM
202012gp68-42
下を上下まぶた、上をアイホール下側半分に薄く重ねて。
カネボウインターナショナル Div. カネボウ アイカラーデュオ 13 ¥2,300

アイカラーデュオの詳細・購入はこちら

202012gp68-34
薄くのせてシックに。
ジョルジオ アルマーニ ビューティ リップ マエストロ[ヴェネツィアコレクション]209 ¥4,200

『美的』12月号掲載
撮影/高木健史(SIGNO/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/小川未久 モデル/椎名美月 構成/安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事