メイクHOW TO
2020.10.22

低刺激コスメでほのかな色気がにじむ目もとに|石けんorお湯でオフできる「秋のしゃれ色」アイメイク

マスク生活が続いて肌が過敏になりがちな今こそ注目。低刺激コスメを使った色気を感じるアイメイクをヘア&メイクアップアーティストの北原 果さんに教えていただきました。

敏感肌のヘア&メイクアップアーティストの北原 果さん発
低刺激コスメで作る秋のしゃれ色目元

まぶたにふわっと血色感をプラスすれば、優しげで、ほのかな色気がにじむ目もとが完成

20-8
この秋トレンドの赤やピンクなどの暖色系のカラーは、潤みを帯びたフェミニンな目もとを演出してくれます。アイラインは引かずに、テラコッタカラーのマスカラをまつ毛にオン!抜け感のある儚げな目もとに仕上げて。

 

使用アイテム
bini81206
まつげに明るさとトレンドをプラスするオレンジブラウン。膨潤性クレイを配合し、ダマを防いでカールや立ち上げをキープ。お湯でオフできるのもうれしい。
ヤーマン オンリーミネラルミネラル マルチマスカラ 03 ¥2,700

ミネラルマルチマスカラの詳細・購入はこちら

bini81209
まぶたに溶け込むテクスチャーとカラーで、自然な立体感とツヤ感を演出。植物オイルと植物エキスを配合したしっとり質感のパウダーは石けんで落とせるのもうれしい。
ナチュラグラッセ アイカラーパレット 03 ¥3,600

アイカラー パレットの詳細・購入はこちら

 

メイク方法
20
アイホールにアイパレットの左の淡いピンクを塗り、二重幅より広い範囲に真ん中のピンクを重ねる。下まぶたには、左と真ん中のカラーを1:1で混ぜて目頭から目尻にふんわりのせて、潤んだ目もとに見せて。マスカラは上下まつげにオン。

北原果さん

色選びが秀逸で、さらりとおしゃれな今っぽい顔に仕上げるアーティスト。自身も敏感肌で、普段からナチュラルコスメを愛用。

 

『美的』2020年11月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube/人物)、河野望(静物) ヘア&メイク/北原果(KiKi inc.) スタイリスト/田中麻理乃(人物)、大島有華(静物) モデル/新野尾七奈  構成/齋藤美伽

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事