メイクHOW TO
2019.10.26

眉&アイラインをアレンジして小顔に!? 次なるトレンド肌「6割ベースメイク」を引き立てるアイメイクテク

ベースメイクの天才・村松朋広さん提案の、量や塗る範囲をいつもの6割に抑えるベースメイクである「6割ベースメイク」。塗る範囲を絞ることで、自然な陰影が生まれ、シェーディングなしでも骨格が引き立つんです。そんな「6割ベースメイク」をより引き立てるアイメイクのテクニックをご紹介します。

もうひと越え!顔を引き締めたいときはインサイドラインをプラス

顔を引き締めたいときもシェーディングを使わないのが村松流。その代わりに足すのは目元のインサイドライン。アイフレームを黒で締めると、顔全体の印象まで引き締める効果があります。

190809-0320

塗るのはまつげの間&内側
まぶたを軽く持ち上げて、まつげ同士の隙間と、まつげの内側の粘膜部分までしっかりと埋める。

img_0082

極細の芯と抜群のもちが優秀!
カネボウ化粧品 ケイト レアフィットジェルペンシル BK-1 ¥1,100

 

 

眉頭、眉山の2点を強調するとメリハリ小顔に

顔を引き締めたいときのインサイドライン然り、小顔に見せたいときもシェーディングに頼らないのが村松流。代わりに眉をアレンジして、メリハリ小顔を演出します。

190809-0313

眉頭と眉山を強調
顔の印象は眉頭、眉山、眉尻の3点のバランスでコントロールできる。凹凸のない日本人が小顔に見せたいときは、3点の中の“眉頭”と“眉山”を強めに描いて強調。するとそれだけで中高なメリハリ小顔に。

img_0097
小顔には明るすぎない色味が◎。
THREE プレスドアイブラウ デュオ 01 ¥3,500

 

 

教えてくれたのは…
%ef%bc%8aportrait

メイクアップアーティスト 村松朋広さん
N.Y.、ロンドンなど、海外で活躍したのち、2016年帰国。現在は雑誌、広告などで幅広く活躍中。

 

『美的』11月号掲載
撮影/菊地泰久(vale.・人物)、金野圭介(静物) メイク/村松朋広(関川事務所) ヘア/KOTARO(SENSE OF HUMOUR) スタイリスト/平田雅子 モデル/千国めぐみ 構成/杉浦由佳子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事