メイクHOW TO
2019.10.11

チークで脱・丸顔!「柔らかベージュ」チークで“しゅっと”顔に骨格コントロール

引き締め効果を発揮するベージュのチークは、顔の形を矯正するのにぴったり! “しゅっと”見える入れ方を、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんに教えてもらいました。今回は丸顔を引き締めるチークテクニックを紹介します。

丸顔は【フェースラインを彫り込むように、側面に入れる】と解決!

biteki6820
「丸い顔にシャープ感を出したい場合、チークは直線的に入れると、すっきり見えます。ベージュチークにはシェーディング効果もあるので頬の側面を、3角形に彫り込むように入れて。ブラシでよくぼかすのもコツです」(長井さん)

使用アイテム

h17b242
丸顔を引き締める赤みの少ないモードベージュ
ベージュとピーチピンクを混ぜて使うと、自然な血色感と引き締め効果が出る。シャープかつモードな印象を引き出すパウダーチーク。自然なツヤで立体感も出やすい。
SUQQU ピュア カラー ブラッシュ 11 ¥5,500

h17b289
マットなコーラルで血色とふんわり感を
輪郭をシャープに引き締めた分、ふんわりセミマットなリップでかわいさをプラス。アプリコットピンク。
レブロン キス クラウド ブロッテッド リップ カラー 018 ¥1,300

メイク方法

biteki6912
(1)チークブラシにチークをしっかり含ませ、手の甲などで量を調節。まずはこめかみの下方に当て、頬の中心に向けて動かす。

 

biteki6918
(2)ブラシを45度下に向け、耳の下側の手前に向けて動かす。ブラシにチークを足さず(1)→(2)を繰り返してぼかし、首筋へもぼかす。

 

\耳の前の、輪郭の丸い部分を彫り込む/
biteki6920

 

教えてくれたのは…
%e9%95%b7%e4%ba%95%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a
ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
雑誌を中心に活躍。『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』(講談社)ほか著書多数。

 

『美的』11月号掲載
撮影/松本拓也(静物)、神戸健太郎(人物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/柿原陽子(静物)、角田かおる(人物) モデル/佐藤優津季 構成/大塚真里

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事