メイクHOW TO
2019.7.20

川口春奈さん、河北メイクで女っぽい涼しげな印象に|夏の赤リップは暑苦しい?それならパープルリップでひんやりとお洒落に。

誰でも真似しやすいミニマムなテクニックで、 劇的美人を作るヘア&メイクアップアーティスト河北裕介さん。 彼がこの夏注目しているのは、ずばり「ダークカラー」。 顔にのせると、柔らかくて涼しげな陰影がつき「かっこいい色気」が現れるのだそう。今回は川口春奈さんがパープルリップでおしゃれな女らしい印象に。

「夏に濃い赤リップはちょっと重い。でもパープル なら女っぽいのに涼しげな印象に」(河北裕介)

kd_20190515biteki01140_2-min
ちょっとおめかしをしたときに手にとりたくなるのが、赤リップ。でも確かに今の季節は特に、暑苦しさが否めないかも…。
「そこで騙だまされたと思って使ってみてほしいのが、パープル。そもそもパープルを口元にもってくる発想ってあまりないかもしれないけれど、 実際のせてみると究極におしゃれで女らしい色なんだ。それに、青みピンクに近いどこかひんやりとしたニュアンスもある。でもパープルだから甘く見える心配もない。ほら、使わない理由が見当たらないでしょ(笑)」(河北さん)

 

kd_20190515biteki01082_2-min

川口春奈さん「悪目立ちせず、むしろあか抜けて見える!」

kd_20190515biteki01065_2-min

川口 「パープルのリップは、自分では絶対に選ばない色。ハードルが高くて…。」
河北 「そう?めちゃくちゃ似合ってたよ。意外性があって、だからこそすごくハッとする色でしょ?」
川口「まさに!全く悪目立ちせず、むしろあか抜けて見えるんですね。」
河北「人と差がつく、こういう色はあると重宝するよ」

◆メイク方法

主張のある色は、リップブラシでなじませるのが鉄則。輪郭をしっかりなぞってから内側を丁寧に塗りつぶすようにオン。

◆おすすめの「パープルリップ」

ios-%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f-1-min
A.マット質感で驚く程鮮やかに発色。
NARS リップスティック 2987 ¥3,300(9月20日発売)

B.ほんの少しピンクに転んだ、みずみずしいツヤを放つパープル。
潤い感も持続。ランコム マドモワ ゼルシャイン 385 ¥3,800(7月19日発売)

C.水のようにサラッとなじむのに仕上がりはインクで染めたかのように濃厚。落ちにくさも秀逸。
パルファム ジバンシイ アンクルアンテルディ 04 ¥3,800

◆その他のコスメ

ios-%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f
D.右上のサテンブラウンをアイ ホールに指でひと塗りし、大人っぽい陰影感をプラス。
シャネル レ キャトル オンブル 328 ¥6,900 (6月28日発売)

E.まつげの隙間を埋める感覚で上まぶたキワに引き、さりげなく引き締めて。
クラランス アイライナーペンシル WP 02 ¥2,500

 

美的8月号掲載
撮影/吉田 崇(まきうらオフィス/人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/NIMU(まきうらオフィス) 構成/安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事