メイクHOW TO
2019.6.11

有村実樹さんの夏のベースメイク術|夏でも皮脂&汗に負けないベースメイク方法とは?

『美的』専属モデルの有村実樹さんは夏が大好き! 皮脂や汗でメイクがくずれがちな季節ですが、どのように対処しているのでしょうか?その極意を伺いました。

キワを外した肌作りと汗のベタつき対策で涼しげな印象キープ!

p75-5
夏が大好きで、より活動的になる有村実樹。くずれの敵は、皮脂よりも“汗”だそう。

「頭皮からフェースラインへ流れるのが、私の汗のかき方。夏になると、顔の外側だけにフェースパウダーを薄くのせ、汗のベタつきを防いでいます。目、鼻、口といったパーツのキワをはずしてファンデーションを塗るのも、私のこだわり。汗や皮脂でポイントメイクがくずれてもドロドロにはにじまず、おすすめです」(有村実樹)

有村さんの極意!

(1) ファンデーションをパーツのキワを外してブラシ塗り

p75-6
ブラシを使い、顔の中心から外側へ滑らせる。目のキワ、小鼻のわき、唇の1cm外側のほか、生え際と輪郭も塗らないのが有村流。

p75-8
(左から)
パルファム ジバンシイ タン・クチュール・エバーウェア・ファンデーション 全8色 ¥6,900

パルファム ジバンシイ ブラシ ¥4,900

 

(2) 輪郭側へフェースパウダーをつけサラサラに

p75-7
フェースパウダーを均一に含ませたブラシを、輪郭側全体へ滑らせる。汗をかいても髪が貼りつかず、快適なまま。

p75-9
「ツヤはあるのに、驚くくらいサラサラでカラーレス」
クリニーク イーブン ベター ブライトニング ルース パウダー C ¥6,300

 

お話を伺ったのは…
p75-5
『美的』専属モデル 有村実樹さん
ありむらみき/33歳とは思えないツヤ美肌は、『美的』読者の憧れの的。NHKカルチャーセンターで講師を務める程、美容知識も豊富!

 

美的7月号掲載
撮影/熊木 優(io・人物)、岡本 俊(まきうらオフィス・人物)、藤原 宏(Pygmy Company)河野 望(静物) ヘア&メイク/吉崎沙世子(io)、山下智、MAKI(LINX) スタイリスト/小川未久(人物)、筒井葉子(PEACE MONKEY・人物)、楠 玲子(人物)、大島有華(静物) 構成/北川真澄

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事