メイクHOW TO
2019.6.7

ローライトを入れると不幸顔に見えるってホント?真相を専門家に直撃!

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“メイク”について。ローライトを入れると不幸顔に見えるって…ウソ? ホント? ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさんにお答えいただきます。

ro-raito

Q:ローライトを入れると不幸顔に見えるってホント?

顔に影を仕込むことで奥行き感を演出したり、フェイスラインをシャープに見せてくれたりと、縁の下の力持ちでもあるローライト。ところが、間違った箇所に入れてしまうと、骨格美人から幸薄オーラへ急転落してしまうというのは、本当なのでしょうか。

さっそく、この疑問を小田切さんにぶつけてみました! 果たして答えは……?

 

A:半分ウソ、半分本当

「メイクで自然な立体感を生み出すにはハイライトの光とローライトの影が重要です。ローライト=不幸顔になるというのは正しくありません。けれども、間違ったローライト使いをしてしまうと、幸の薄い、いわゆる不幸顔に見せてしまいます」(小田切さん・以下「」内同)

 

顔の余白を削ぎ落す!影は外側に仕込むべし

「幸せ顔に見せるローライトの入れ方のポイントは、顔の外に影を仕込むこと。顔の中にローライトを入れるのは厳禁です。仕込みポイントは、耳の裏~あご先までのフェイスラインの外、もみあげ部分……もみあげがない人も多いですが、場所として本来もみあげがある場所……です。

大きめのブラシにローライトパウダーをとり、耳の裏~あご先のフェイスラインの外へ向かって、顔の余白を削ぎ落すようなイメージで、くるくると円を描くようにブラシを動かして」

 

頬こけさんはハイライトでカバー

「唯一、ローライトを入れてはいけないのが、頬こけさん。影を仕込むと、余計に頬のこけを強調してしまうのでNGです。頬こけさんの場合は、こけている部分にハイライトを入れることでカバーできます」

エラ張りさんはエラにローライト+マット仕上げ

「顔の輪郭がホームベース型の、エラが張っているタイプの人には、もうひとつローライトを入れる際に注意して欲しいポイントがあります。エラ張りさんがフェイスラインに沿ってローライトを入れるてしまうと、余計にエラ張りが強調されてしまうのです。

僕がエラ張りさんにメイクをさせてもらう場合は、マッサージで顔の形を変えて骨もたたみこんじゃう(笑)んだけど、自分で骨を動かすのはなかなか難しいと思うので、エラが張っている部分にだけローライトを入れてみて。あとは、エラの部分や気になる部分にだけフェイスパウダーで質感を変えて、マットに仕上げるのもよいです。肌が沈んで奥行き感が出るのでおすすめ」

 

ヘア&メイクアップアーティスト
小田切ヒロ
LA DONNA所属。藤原美智子氏に師事。ナチュラルからリアルモード、ハイファッションまで幅広いメイクテクニックと、独自の審美眼で語る美のセオリーと格言は、多くの女性から熱く支持。著書は『小田切流小顔道 自分でつくるキレイで、人生を変える』(講談社)、『大人のキレイの新ルール 捨てる美容』(世界文化社)、『美容中毒』(幻冬舎)。 ■インスタアカウント:hiro.odagiri

文/木土さや

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事