メイクHOW TO
2019.3.31

プチプラコスメで作る春のヘルシー透明感メイク|人気H&M笹本恭平さんが提案!

人気ヘア&メイクアップアーティストの笹本恭平さんがこの春提案するのは、甘さレスなヘルシー透明感メイク。使っているのはALLプチプラアイテムだから、早速今日から真似してみない?

こなれ感がぐっと増す、甘さレスなヘルシー透明感メイク

201905gosyarekao3

「“ファッションをよりこなれさせて見せる”というのが常に僕の中のテーマ。春は、今回のイエローカットーソーのように鮮やかな色の服が増えると思うので、メイクとけんかしないよう血色の延長にあるような溶け込み系オレンジをベースに仕上げました。また目元やリップのツヤでフレッシュさを強調しているので、春の心地いい日差しにも映えるはず」(笹本さん)

使用アイテム

201905gosyarekao3-1

1.\見た目程濃くつかず、ティントタイプだから発色も持続!
「もとの唇の色を生かしてナチュラルに色づくオレンジ。」

植物エキスやオイルを配合し、潤い唇をキープ。じんわりと唇を染めるティント処方。
KISSME(伊勢半) キス ブルーミング オイルグロス 07 ¥1,200

2.\ふんわりなじむオレンジ。肌の奥が透ける発色で美肌感もアップ
「しっかり発色するのにちゃんと透明感もあって、自然なツヤ感まで出せるチーク。オレンジの発色が柔らかいのも好み」

毛足の長いなめらかなブラシでふんわりづけを実現。
ちふれ パウダー チーク 443 ¥360

3.\とろける描き心地のノーストレスなダークブラウン。しかも超極細です
「インサイドライン(まつげの隙間)に使ってもつきが良く、よれない&落ちにくい」

直径1.5mmで軟らかな描き心地が特徴。
井田ラボラトリーズ キャンメイク クリーミータッチライナー 03 ¥650(4月1日発売)

4.\繊細につくブラウンマスカラでまつげの存在は引き算!
「黒マスカラだと目ヂカラが強く出すぎるので茶色がベスト。まつげをカールアップせず、さらりと軽くつけて」

5mmのロングエクステファイバー配合ですっと長いまつげに。
KISSME(伊勢半) ヒロインメイク ロング&カールマスカラ スーパーWP 02 ¥1,000(限定発売)

5.\まぶたが潤んだような輝きと自然な陰影感! 理想的なキラキラシャドウ
「ラメの量、輝き感のバランスが秀逸。ヌーディなのにちゃんと目元がぱっちり見える所も計算され尽くしています」

輝度の高いシルバーやゴールドのラメがぎっしり。
カネボウ化粧品 ケイト ザ アイカラー 007 ¥650(編集部調べ・5月1日発売)

メイク方法

201905gosyarekao3-2
シャンパンベージュアイシャドウを指でアイホールになじませ、下まぶたは指に残ったものを目頭側1/2にオン。マスカラと上まぶたキワのインサイドラインは、ブラウンを使用。

201905gosyarekao3-3
外側がやや濃くなるよう横長に入れて、できるだけ甘さを回避。ちょっぴり日焼けニュアンスを感じさせるようなヘルシー感を意識して。

201905gosyarekao3-4
輪郭に沿ってオイルグロスをなじませたら、内側を軽く塗りつぶすように塗布。潤いあふれるちゅるんとした唇に。

 

教えてくれたのは…
201905gosyarekao3-5
ヘア&メイクアップアーティスト 笹本恭平さん

 

『美的』5月号掲載
撮影/吉田 崇(まきうらオフィス/人物)、金野圭介(静物) スタイリスト/小川未久 モデル/土屋巴瑞季 構成/安井千恵

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事