メイクHOW TO
2018.12.26

「なんだか顔がくすんでる?」セルヴォークのレッドブラウンチークで肌に透明感をプラス!

夕方顔がくすんでしまったときは、化粧直しでファンデーションとチークを重ねるのがおすすめ。今回はポーラのファンデーションと、セルヴォークのチークを使ったお直しテクをご紹介します。

くすみとばしが得意なファデーションで、チークをサンドイッチしてこなれた血色感に

p85-1
顔だち的にナチュラルにくすみをとばすのが似合う大人顔さんは、ファンデーションとチークのサンドイッチテクを。くすみをとばすファンデーションで全体を明るくした後、肌に溶けるレッドブラウンチークを横長に入れて顔の縦長感を緩和しながらふわりと血色をプラス。さらに、同じファンデをのせてチークを挟みます。重ねた部分がより明るく見え、さりげなく透明感も血色も復活!

使用アイテム

【a 仕込み+重ね】 あらゆるくすみをはらうパウダーファンデーション
p85-4
4色がさまざまなくすみの補色となり肌の透明感を引き出す。
ポーラ ディエム クルール カラーブレンドファンデーション SPF23・PA+++ ¥6,500

【b チーク】 さりげなく血色アップするレッドブラウンのパウダーチーク
p85-3
淡めブラウン系チークは肌に溶けつつ血色だけほんのりオン。
セルヴォーク カムフィー ブラッシュ 04  ¥3,500

 

メイク方法

p85-2
(1)顔全体にaのファンデーションを塗り、くすみをオフ。スポンジより大きめのブラシを使うと軽やかに。

(2)bのレッドブラウンのチークを頬の中心に横長の俵形に入れる。

(3)再びaのファンデーションをbのチークを入れた所より少し広めの範囲で重ねて、頬の部分だけサンドイッチする。

 

『美的』1月号掲載
撮影/川崎一貴(MOUSTACHE/人物) 金野圭介(静物) ヘア&メイク/ paku ☆ chan(ThreePEACE) スタイリスト/小川未久 モデル/有村実樹 構成/中尾のぞみ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事