メイクHOW TO
2018.12.7

スポンジ or ブラシ、どちらが好み? 黒田啓蔵流なりたい肌別フェースパウダーのメイク方法

なじませメイクの達人・黒田啓蔵さんのメイクテクを直伝! フェースパウダーの付属のパフを使わないのが黒田流。スポンジとブラシはどちらもフェースラインから。その後ポイントメイクで粉をのせる顔の中心部分は粉を少なめにしておくと、最終的な仕上がりがよりキレイになるんです! さっそく詳しいメイク方法をチェック!

使用アイテム

img_0093
スポンジは顔の曲線にフィットする卵形。
SUQQU ファンデーションスポンジ N ¥1,000

img_0090
毛量たっぷりのものをチョイス。
ローラ メルシエ ブロンザー ブラシ ¥5,000

img_0069
カネボウ化粧品 リサージ ボーテ ビューティアップヴェイル 輝 ¥10,000

フェースパウダーはなりたい肌別にツールを使い分け

『くずれないセミマット肌はスポンジで押し込むように』

180906_0172
(1)パウダーをスポンジにとったら手の甲で量を調節し、フェースラインからのせていきます。軽くおいた後押し込むように。

180906_0174
(2)そのまま頬やおでこといった顔の内側も同様に。パフよりしっかりと粉を密着させられるのが、スポンジのメリット。

180906_0181
(3)さらに細かい部分にも。パウダーがしっかり密着することで肌は上品なセミマット質感になると同時に、もちも良くなります。

『軽めツヤ肌はブラシで磨くように』

180906_0202
(1)パウダーをとったら、1度手の甲で粉の量を調節。スポンジ同様にフェースラインからのせていきます。

180906_0197
(2)ブラシは立て、肌に対して90°の角度を意識します。毛穴の中までパウダーを入れ込むイメージで。

180906_0193
(3)フェザータッチでくるくると。顔の中心部は、矢印の方向へブラシを動かしくるくると。磨くように塗ることで余分な粉も取り払われ、軽いツヤ肌に。

 

教えてくれたのは…
180906_0377
ヘア&メイクアップアーティスト 黒田啓蔵さん
多くの女優から指名されるトップアーティスト。特に肌作りに定評があり、ナチュラルな美肌を作らせたら右に出る者なし。

 

『美的』12月号掲載
撮影/当瀬真衣(TRIVAL・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/黒田啓蔵(Three PEACE) モデル/ゆきら 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事