メイクHOW TO
2018.10.26

アンニュイな眼差しに思わずドキッ。最旬テラコッタベージュのソフト囲み目

囲み目はトレンドだけど、難しそう…と思っているあなた! ミディアムカラーなら、今っぽい囲み目が簡単に作れるんです♪ 今回は、SUQQUのアイパレットのミディアムカラーを使った囲み目メイクを伝授します。

ミディアムカラーのソフト目囲みでアンニュイな眼差しに

20180809%e7%be%8e%e7%9a%84_0541
トレンドの囲み目もミディアムカラーを使えば、キツくなりすぎず、雰囲気たっぷりの今っぽい目元に。光を集めるパールの立体演出効果で、締め色レスでも目が大きく見えます。

メイク方法

20180809%e7%be%8e%e7%9a%84_0574
Bをブラシにとり、上下のまぶたを囲みます。上はスクエア形を意識してアイホールを越える範囲に。下は涙袋を覆うように広めに、がポイント。

使用アイテム

img_0025
ぬれたように輝く繊細パールが艶っぽい目元を作る。華やかな多色も程よくくすんだ色味で派手すぎないのがうれしい。質感から微妙な色味まで、計算し尽くされたまさに大人のためのパレット。
SUQQU デザイニング カラー アイズ 11 ¥6,800

A.ぬれたようなツヤで魅せる美肌見えベージュ
繊細なパール感が際立つシャンパンベージュは、色というより質感で魅せる、美肌見えカラー。ほかの3色とも完璧になじむ懐の深さも魅力。

B.旬エッセンスをまとったテラコッタベージュ
ニュアンスづけや陰影の演出…と出番の多いミディアムカラー。王道よりややトレンドを意識したテラコッタベージュで、今っぽさを表現。

C.女らしさと色気を演出するくすみピンク
アクセントカラーひとつ目は、ベージュトーンになじみやすいニュアンスピンク。血色にも近い赤みのある色は肌から浮かないので、さりげなく色を効かせたいときに活躍!

D.奥行きを作る反対色のニュアンスブルー
アクセントカラーふたつ目は、寒色系のブルーグリーン。いい意味で肌から浮く印象の強い色は、アイメイクのバリエを一気に広げる、大事なキーカラーです。

[CHEEK]
イヴ・サンローラン・ボーテ ハイライタークチュール03 ¥6,000

[LIP]
M・A・C リップテンシティ リップスティック キング サーモン ¥3,700

 

『美的』11月号掲載
撮影/中島 洸(まきうらオフィス・人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/河嶋 希(io) スタイリスト/柳 理央 モデル/佐藤優津季 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事