メイクHOW TO
2018.5.28

小粒目、腫れぼったい、黒目が小さい…プロメイクさんのコスメ・カラコン・ツール技公開!

“鼻に存在感がありすぎ”“目がキツい”“口角が下がる”… 可愛らしさを邪魔する、私のこのパーツの悩み、なんとかなりませんか!? そんな美的クラブの切実な悩みも、ちょっとしたコツさえつかめば、メイクでがらりと印象を変えられます! 今回は、目に関するお悩み3つ。ちょっとしたメイクテクニックでデカ目になれるんです!

【目の悩み3位】腫れぼったいまぶた

これで解決!→極薄ブルーのシャドウを仕込む!

 
【Before】
p104
【After】
18-3-3-%e7%be%8e%e7%9a%84-1050

メイク方法

18-3-3-%e7%be%8e%e7%9a%84-1071
まつげとブルーの力で重いまぶたをすっきり!
まつげの根元からしっかり立ち上げるだけでまぶたがリフトアップ。さらに、下地としてアイホールに極薄でマットなブルーを仕込むとよりすっきりした印象に。

使用アイテム

まぶたの引き上げ&引き締めのWアプローチ
%ef%bd%b1%ef%bd%b2%ef%be%8c%ef%be%9f%ef%be%81-%ef%be%8c%ef%bd%a8%ef%bd%af%ef%be%84%ef%bd%b6%ef%bd%b0%ef%be%97%ef%bd%b0%e8%a3%bd%e5%93%81%e7%94%bb%e5%83%8f
一重、奥二重の重めまぶたを押し上げまつげの根元をキャッチ。
イミュ アイプチ フィットカーラー(替えゴム2個付) ¥1,500

nuance-colors-411
腫れぼったさを払拭する極薄ペールブルー。
ワトゥサ ニュアンスカラーズ no.411 ¥3,000

【目の悩み2位】こぢんまり黒目

これで解決!→サークルレンズ+黒目の上だけラインでさりげなく目ヂカラアップ!

 

【Before】
18-3-3-%e7%be%8e%e7%9a%84-0045

【After】
18-3-3-%e7%be%8e%e7%9a%84-107

メイク方法

18-3-3-%e7%be%8e%e7%9a%84-0106_k
黒目ちょい盛りでバレずに潤んだ大きな瞳に!
サークルレンズはあくまで、つけているのがわからないくらい繊細なものを。さらに、黒目の上下の粘膜を黒のリキッドライナーで塗りつぶせば黒目が際立つ!

使用アイテム

漆黒ライナー&繊細サークルレンズ

20171101-%e3%82%b1%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bcbk-1-%e8%93%8b%e3%82%a2%e3%82%ad-%e5%95%86%e5%93%81%e7%94%bb
まつげの隙間埋めに最適なクッションタイプ。
カネボウ化粧品 ケイト アイシルエットマーカー BK-1 ¥1,000(編集部調べ)

main
つけてないようなナチュラル感。
DAZZSHOP カラーコンタクトレンズ ワンデー AIRY ACCENT ¥1,900

【目の悩み1位】小粒目

これで解決!→隠しラインで二重幅強調

 

【Before】
18-3-3-%e7%be%8e%e7%9a%84-0641

【After】
18-3-3-%e7%be%8e%e7%9a%84-0785

メイク方法

18-3-3-%e7%be%8e%e7%9a%84-0794
目元に奥行きが出ると目が大きく見える!
薄いブラウンのリキッドライナーで、二重のラインに沿って、目尻側を1mm程引きのばすように描くだけ! 二重の線がくっきりするだけで目ヂカラがアップ!

使用アイテム

20180201_%e3%82%b1%e3%82%a4%e3%83%88_%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%a8%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%88lb-1%e8%93%8b%e3%82%a2
極細・極薄のブラウンライナー
二重、目頭切開、涙袋に影を仕込んで目ヂカラ強調。
カネボウ化粧品 ケイト ダブルラインエキスパート LB-1 ¥850(編集部調べ)

 

教えてくれたのは…
test%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
ヘア&メイクアップアーティスト 新見千晶さん
雑誌やCMのヘア&メイクはもちろん、美容コラムの執筆や著書も多数。わかりやすく丁寧なメイク提案に定評アリ!

 

『美的』6月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube) ヘア&メイク/新見千晶 構成/村花杏子(KWC)、高橋夏実

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事