メイクHOW TO
2017.11.18

「いつのまにか老化」を徹底阻止!大気汚染もバリアするUVベース

 

 

表参道にある『青山ヒフ科クリニック』院長が開発した、ドクターズコスメのドクターケイ。そのドクターケイが誇る人気日焼け止め化粧下地『ケイカクテルVスキンケアベース』が、2017年11月15日(水)より『ケイスキンバリアUVベース』(SPF30 PA+++ 30g/6,000円<税抜き>)として、リニューアル新発売になりました。

これまでの下地も、美容液効果や美白ケアといったマルチに使えるベースでしたが、今回新たに外的刺激から肌を守る効果がプラスされ、さらに頼もしい1本になりました!

 

アンチポリューション効果って?大気汚染やブルーライトからお肌を守る

みなさん、最近美容業界でトレンドの“アンチポリューション”という言葉をご存知ですか?

排気ガス・花粉・PM2.5、タバコの煙など……現代の私たちは汚染された空気にさらされながら暮らしています。そんな大気汚染=ポリューションから防御してくれる効果を持つのが“アンチポリューション”を謳ったコスメなんです。

今回リニューアルする『ケイスキンバリアUVベース』は、従来品の多機能性(美容液、美白ケア、日焼け止め、下地効果)はそのままに、ブルーライトによる光老化の予防、PM2.5や大気汚染などの外的刺激から肌を守るアンチポリューション効果がプラスされました。

ブルーライトは可視光線の中で一番波長が長い光線で、紫外線ほど急性な影響はないものの、ゆっくりと長い時間をかけて皮膚組織を老化させる美肌の大敵! このブルーライトなどの光ストレスで傷ついた肌に潤いを与えるビルベリー葉エキスが配合されています。

また、ヒアルロン酸やコラーゲンも配合でうるおいをキープ。さらには、環境ストレスに負けない肌をサポートするさまざまなビタミン2、大気汚染物質で弱った肌を整えるイザヨイバラエキスも配合。肌本来のキレイになろうとする力を引き出してくれる、いたれりつくせりのUVベースなんです。

 

毛穴レスな美肌に!

テクスチャーはホイップクリームのようにふわふわ。肌にのせても重くなくスルンと伸びていきます。

さらに肌トーン補正効果もUP。くすみや毛穴といった肌悩みをしっかり補正してくれ、ワントーン明るい顔色に。この『ケイスキンバリアUVベース』だけで、素肌っぽいナチュラルメイクが完成。また、ファンデーションの下地として使うと高い密着効果でメイクしたての美しさが持続します。

容量はこれまでの25gから30gに増量し、お値段は据え置きというのも嬉しいポイントです。

 

これからの時期、紫外線は少なくなってくるものの、大気汚染やブルーライトは一年中さらされるもの。いつのまにか老化が進行する前に、アンチポリューション効果のあるコスメを投入するのが賢い選択かもしれません。(※ 価格は全て編集部調べです)

 

 

【おすすめ記事(PR)】

私の肌にプチごほうび!“水素+炭酸”のバスアイテム誕生

 

【参考】

※ 【ドクターケイ】新UV化粧下地「ケイスキンバリアUVベース 」を2017年11月15日(水)より一斉発売 – 株式会社ドクターケイ

初出:美レンジャー  ライター:美レンジャー編集部

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事