メイクHOW TO
2015.8.7

米でブーム!頑固なクマ消しに「手持ちの赤色●●」が神的活躍と話題

きちんとケアしたり、十分に寝るなど対策をしたりしても、なかなか消えないのが目の下の頑固なクマ。しかもコンシーラーやファンデーションで隠そうとすると、悪目立ちしてしまうなど厄介なものでもあります。

しかし、もうその心配は無用! 現在米国では、とあるメイクアイテムが頑固なクマを消してくれると話題なんです。早速トライしてみましょう!

 

■クマには赤リップ!

クマというと、明るめのカラーやイエロー系のコンシーラーでカバーしがちですが、それではグレーに見えたり、白く浮いて逆に目立ってしまうことがあります。そんな時に使いたいのが赤やオレンジカラー。

特にいま頑固なクマを消してくれると評判なのが、赤のリップスティック! YouTuberのDeepica Mutyalaさん発で話題となり、米国で人気のテクとなっています。

赤色は青やくすみ、にごった色の反対色のため、カバー力が抜群! さらに赤色はどんな肌色にもなじみ、またリップは保湿力のあるクリーミーなテクスチュアのため、よく動く目の周りにもフィットします。そのため、赤リップが目の下に最適といわれているのです。

 

■赤リップの使い方

塗り方は普段のコンシーラーと同じ。まず手やコンシーラー用、アイシャドウ用のブラシに赤のリップスティックをつけ、目の下や周りに少しずつつけ、スポンジや手でなじませていきます。さらにその上から普段使っているベージュやイエロー系のコンシーラーを重ね、よくなじませていきましょう!

最初は、少量をちょっとずつのせていくこと。いきなりたくさん塗ってしまうと、後にコンシーラーやファンデーションを重ねても、まだ赤みが残ってしまうことがあるからです。いきなり赤色をのせるのに抵抗がある場合は、まず手の上に赤リップとコンシーラーを混ぜ合わせてから使ってみましょう。

また、赤リップがない場合は、赤色やオレンジのアイシャドウでも可能。その際はコンシーラーと混ぜて、柔らかなテクスチュアしてから肌にのせましょう。

 

■赤リップのカラーにも気を使えば、もっとキレイ!

さらに完璧カバーを目指すなら、赤リップのカラーも大事。明るめのスキンカラーの方は、ピーチ系やピンク系の明るめの赤リップをチョイス。どちらかというと暗めのスキンカラーの場合は、オレンジやダーク系の赤リップが合います。

 

初めて塗る際は「大丈夫?」と思ってしまいますが、少量をなじませ、普通のコンシーラーでカバーすれば、頑固なクマがきっちりとカバーされます。クマに悩んでいる方は、ぜひ試してみては?

 

初出:美レンジャー  ライター:ピーリング麻里子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事