メイクHOW TO
2022.9.28

ポーラ B.A、ミシャ、マキアージュ…2022秋冬新作クッションファンデーション6選

\"\"

秋冬の新作ファンデーションはどれも気になりますが、クッションファンデーションは特に気になりますね。各ブランドさんの新作リキッドファンデを徹底比較♪

リキッドファンデーション

ポーラ B.A セラムクッションファンデーション SPF20・PA++ 全5色 12g ¥14,850(ケース込み)

202210gp12-1

\閉じると/
202210gp12-2
“もち運べるスキンケア”発想の、ブランド初のクッションファンデ。独自の“ゲルコートエマルション設計”が、潤い補給効果とメイク効果を両立。

「パフでトントンとタップするように塗布を。肌に均一にフィットし、なめらかに仕上がります」(PR 山崎真理子さん)

Point

・つるんとなめらかな“水ハリ艶”が!
・B.Aシリーズ共通の美容成分を配合
・上品なシプレフローラルアクアの香り

「肌にのせた瞬間、水風船がはじけるようなみずみずしいテクスチャーの虜♪ 頬の高い位置に2~3度重ねづけすると、パンッと張ったようなハリが出現。発光するようなツヤ肌に!」(N島)

セラムクッションファンデーションの詳細はこちら

 

マキアージュ ドラマティック クッションジェリー SPF50+・PA++++ 全3色 14g ¥4,620(ケース込み)

202210gp11-4
スポンジでポンポンとなじませるだけで角層まで潤いが浸透。“ジェリー膜”が肌を均一にカバーして、毛穴の目立たない“極上つるん肌”に導く。

「高温多湿なマスク内でも、くずれにくく、つけたての仕上がりが持続します」(PR 竹政佳恵さん)

Point

・人気のクッションファンデが進化
・保湿成分が毛穴の奥まで届く
・“毛穴レスつやパウダー”が凹凸補正
ドラマティック クッションジェリーの詳細はこちら

 

イヴ・サンローラン ラディアント タッチ グロウパクト SPF50+・PA++++ 全6色 12g ¥9,350

202210gp12-5

\閉じると/
202210gp12-6
光をあらゆる方向に反射させて、くすみをカバーするクッションファンデ。マリーゴールドなどボタニカルの恵みで、内側からもトーンアップ。

「密着度を高めるスポンジでワンタップするだけで、ムラのない美しい仕上がりがかないます」(PR 菅原里子さん)

Point

・人気コンシーラー(ラディアントタッチ)の光を操る技術を搭載
・高カバーをかなえるメッシュ構造を採用
・ケースは高級感のあるレザータッチ仕様
ラディアント タッチ グロウパクトの詳細・購入はこちら

 

オルビス シームレスフィット クッションファンデーション SPF30・PA+++ 全2色 10ml ¥2,970(限定品)

202210gp11-13
W ソフトフォーカスパウダー×光を拡散するゲルで、毛穴レスな均一美肌に。厳選された美容液成分と軽やかなタッチのオイルが負担感のない保湿膜を形成。

「スキンケア発想で、メイクしながら本格素肌ケアができます」(PR 高橋スーザンさん)

Point

・ブランド初のクッションタイプ
・三次元に光拡散して毛穴や凹凸をカバー
・“ヒアロブレンド美容液成分”が潤いを持続
シームレスフィット クッションファンデーションの詳細はこちら

 

Hamee バイユア セラムフィット フルカバー マットクッション SPF26・PA++ 全3色 15g ¥3,960

202210gp11-17
高分子フィルム処方でパウダーが肌表面に均一に並び、マイクロパウダーが細かな凹凸を埋めて光を乱反射。赤みや毛穴をとばし、透明感あふれるルミナスマット肌に仕上げる。

「美容成分が潤いを与え、乾燥毛穴もケア」(PR 亀山彩菜さん)

Point

・素肌にシンクロするようになじむ
・海の珊瑚に悪影響を与えない処方
セラムフィット フルカバー マットクッションの詳細はこちら

 

ミシャ グロウ クッション〈カバータイプ〉 SPF40・PA++ 全2色 14g ¥2,640

202210gp11-18
たっぷりの美容液成分により、潤いを閉じ込めたようなヘルシーで艶やかな仕上がりに。

「粒子が均一に付着するので、少量でハイカバーを実現。マスクくずれに強いのに、内側からにじみ出るような“水つや”が続きます」(PR 近藤波月さん)

Point

・美容液成分62%で“水つや肌”を実現
・長時間マスクくずれや色移りを防ぐ
グロウ クッション〈カバータイプ〉の詳細はこちら

 

美容エディター

乾燥に悩むS戸

ひび割れて化粧のり悪し
皮むけや粉吹きを起こし、とにかくベースメイクが密着しないのが悩み。この時期は夏の日焼けダメージも蓄積し、肌あれも加速中!

毛穴に悩むS田

隠す程に悪循環!
頬の開き毛穴や鼻・あご周りのザラつきを隠そうと厚化粧に。皮脂詰まりによりさらに毛穴が開き、夕方には毛穴落ちするなど負のループに。

くすみ・色ムラに悩むN島

どんより疲れ顔
寝る直前までスマホが手放せず、万年寝不足気味。冷え症による血行不良も相まって、肌色がさらによどむ。最近はたるみ悩みも出現中。

くずれに悩むY田

気がつくとドロドロ…
20代半ばの最年少。汗っかきで皮脂分泌も盛んな上、ズボラでお直しも怠りがち。最近は「どうせマスクで見えないし!」と、諦めモードに。

 

『美的』2022年10月号掲載
撮影/辻郷宗平(Bebop) イラスト/中嶋マリコ 文/金子由佳 構成/中島麻純・島田七瀬・吉田 梓・赤木さと子・宍戸沙希(スタッフ・オン)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事