健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2021.4.16

是枝裕和監督が池江璃花子選手の「しんか」に注目|SK-II STUDIO第1弾作品が公開中

SK-IIが「運命を、変えよう。~#CHANGEDESTINY~」をテーマに、女性の様々なプレッシャーに取り組むフィルムスタジオ「SK-II STUDIO」を設立。その第1弾作品として、是枝裕和監督が競泳・池江璃花子選手の姿を映したドキュメンタリー作品が公開中です。

kite_japan_static-red-jacket-600x600

SK-II初のフィルムスタジオ
「SK-II STUDIO」始動

kite-digital-assets_sk-ii-studio-for-website-1x1

SK-II STUDIOは、世界で活躍するクリエイターらが映像と物語の力で「世の中にポジティブな変化をもたらしたい」という共通の想いの下に集結。ブランドの信念「運命を、変えよう。~#CHANGEDESTINY~」の一環として、今後、女性が抱える様々なプレッシャーを取り払うことを目的とし、社会課題に関する会話や議論を促すコンテンツが発信されます。

第1弾作品は是枝裕和監督×池江璃花子選手

今年中に計8作品の公開が予定されているSK-II STUDIO。記念すべき1作目「センターレーン」を手掛けたのは、これまで数々の受賞歴を誇る映画監督 是枝裕和氏です。映像は、競泳・池江璃花子選手が競技復帰を目指す軌跡、そしてその姿を通して、運命がただの偶然ではなく、自らの選択によって切り拓けるものであることを表現しています。

kite_japan_static-center-pool-1080x1080

本作で「周りの人のために泳いでいるんじゃなくて、自分が水泳が楽しいから泳いでいるわけであって、人に左右される話ではないかなって」「過去のこととか気にしていても何も変わらないので、とにかく自分が何をすれば何か未来が変わるのか。後ろを振り向く必要はないかなと思います」と語る池江さん。困難やプレッシャーのなかでも、自分の意思によって未来を変えようとする姿は、まさにSK-IIが掲げるテーマ「運命を、変えよう。~#CHANGEDESTINY~」と重なります。

作品のタイトル“センターレーン”は、プールのセンターレーンに最も速い選手を配置するという実際の競泳のルールがあり、池江選手が練習を再開した頃の取材で「やっぱりセンターレーンが好き。自分のためのコース」と語ったことから名付けられたそう。また、是枝監督は実写では描き切れない部分にアニメーションを取り入れることでより豊かな表現が生まれています。

また是枝監督は「池江選手を取材することができ、競技復帰に向けての彼女の思いや感情を探っていきました。池江選手の人生という名の旅を通して、運命を変えるために必要なことを目の当たりにして感動しました。一見彼女のストーリーは特異に思えますが、この時代を生きる多くの人が共感できるものがたくさんあります。人生ではレーンから脱線することもありますが、そういう局面に立った時にこそ、その人の『真価』と『進化』が見えるのだと思います。この2つの『しんか』に注目しました。」と、作品に込めた思いを語っています。

グローバルSK-II 最高責任者(CEO)サンディープ・セスは次のように述べています。
「#CHANGEDESTINYはSK-IIの信念であり、SK-IIの全ての活動の核となっています。私たちは今もなお未曾有の状況下にあり、お客様は企業やブランドが、コミュニティ、社会、環境に対してどのようにポジティブな変化を生み出していくかに期待を寄せています。私たちには希望や共感を共有するだけでなく、今すぐ行動を起こす社会的責任があります。#CHANGEDESTINYの信念のもと、東京2020オリンピックのワールドワイドパートナーとしてオリンピックの精神に則りながら、今年様々な取り組みを通じて、女性が自らの手で運命を掴み、自らに課せられた限界を乗り越えていけるように支援していきたいと考えています。運命はただの偶然ではなく、自らの選択によって切り拓いていけるのです」

東京2020オリンピックのワールドワイドパートナーとして、来るオリンピックへの道を歩み続けるアスリートをサポートしているというSK-II。SK-II STUDIOの次作では、オリンピックアスリートらに焦点を当てた作品が公開予定ということで、今後もその活動から目が離せません。

 

 

「センターレーン」ご視聴 & SK-II公式サイトはこちら

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事