健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.12.6

安藤美姫さんのチューブエクササイズ|効率よく負荷を高められる注目のトレーニング法を大公開

自分に合わせた強度で効率よくトレーニングを進められると人気の「チューブ」を使ったエクササイズ。今回は、「フィギュアスケートでは、チューブを使ったトレーニングもやるんです」と話すプロフィギュアスケーターの安藤美姫さんがおすすめのチューブエクササイズを伝授します!

_38a2285

「フィギュアスケートって陸上でのトレーニングも多いんですよ。中でも、チューブは適度に負荷をかけることができ、トレーニングの必需品。最近は、自分に合った強度のものが手軽に手に入るので、自宅で本格的なトレーニングをしたい人にもおすすめです。ぜひ試してみてください!」

 

Let’s TRY!安藤美姫流「チューブエクササイズ」

1.肩甲骨まわりのエクササイズ

まずは、上半身のトレーニング。肩甲骨まわりへのアプローチは、「鍛えたい!」という人はもちろん、肩こりに悩んでいる人にもぴったりですよ。無理をしない範囲で行いましょう。

_38a2261

足を肩幅くらいに開いて立ち、両手にチューブを持ちます。そのまま頭の上に手を上げ、耳の横くらいにセット。両手は、チューブが適度に張っている状態がベストです。チューブが緩んだり、張りすぎて辛いという人は、チューブを持つ手の位置を調整してみましょう。

_38a2266

チューブがピンと張らせながら、両手のひじを曲げ、後ろに下げていきます。胸が出ないようにお腹を引き締め、肩甲骨あたりの筋肉が動いているのを感じながら行ってください。スーッとひじを下せないという人は、両手を少しだけ外側に持っていくと、楽になりますよ。

 

2.ヒップアップに嬉しいチューブトレーニング

続いては、下半身のトレーニング。ヒップアップを期待できますよ♪

_38a2268

両足を立てて座り、チューブをひざより少し上のあたりに掛けて、結びます。チューブが適度に張っている状態がベスト。

_38a2269

チューブを足にセットできたら、そのまま背中をマットにつけます。ここからトレーニングスタート!

_38a2275

チューブが張っている状態をキープしながら、お尻を天井に向かってアップ。3~5秒かけてゆっくり上げます。上げ切ったら、同じく3~5秒かけ、ゆっくりとおろしていきます。

***

チューブは1本手に入れておけば、その他にも様々なトレーニングやストレッチができますよ!ぜひトライしてみてくださいね♪

 

美姫’s DAIRY PHOTO

2

「意外」と言われることが多いけれど(笑)、料理も好きなんです♪ 作ったのは、オムライス!

 

【プロフィール】
安藤美姫
プロフィギュアスケーター。1987年愛知県生まれ。9歳でフィギュアスケートを始め、2002年には女性選手として初の4回転サルコウを成功させ、話題に。その後、2006年の『トリノオリンピック』、2010年の『バンクーバーオリンピック』に出場。「世界フィギュアスケート選手権」では、2度の優勝に輝いた。
2013年に引退し、その後はプロフィギュアスケーターとして、幅広く活躍している。
プライベートでは、2013年に第一子を出産。好きなキャラクターは、スヌーピー。似ているキャラクターは、スティッチ。無類の焼肉好きとしても知られている。

撮影/フカヤマノリユキ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事