健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.5.22

下半身のおサボり筋肉をゴロ寝しながらできる簡単ピラティスで呼び覚まそう!【解説動画つき】

リモートワークを始め自宅で過ごす日々に慣れてきたこの頃、運動不足や体重増加に悩む人が続出! かと言って散歩で長時間外出するのは抵抗があるし、家の中で運動できるスペースも無い…。そんなあなたにお届けするのは、ベッドや布団の上などの省スペースでできる簡単ピラティス。全4回に渡り、『スタジオ ピラティス イズム』の内山いずみさんが解説動画つきでご紹介します。

今回は、たるんだお尻や脚を中心とした「おサボり下半身」にフォーカス!

ピラティスとは?

深い呼吸とともに、正しい姿勢を意識しながら体幹・インナーマッスルを強化していく動きのこと。リハビリのために開発されたエクササイズで、運動神経も柔軟性も関係なく身体作りができるのが特徴。無理なくおこなえるため年齢問わず毎日でも実践しやすく、ほどよく引き締まったボディラインを理想とする人にもぴったり。

 

運動不足で真っ先に衰えるのは下半身の筋肉

「下半身の筋肉は人間の身体の7割を占めていて、大きな筋肉もたくさんあります。自宅で過ごす時間が増えると必然的に歩数や階段を上り下りする回数が減ってしまい、下半身全体の筋肉が衰えてしまうのです。筋肉が衰えると基礎代謝がダウンしてエネルギーが消費されにくくなり、体重増加につながることも。

運動不足解消にはまず“おサボりモード”の下半身の筋肉を呼び覚まし、重い腰を上げやすくしましょう! 今回ご紹介するのはお尻の大部分を占める『大臀筋』と、太ももの裏側にある大きな筋肉の『ハムストリングス』をメインに鍛える簡単ピラティスです。ヒップアップにも効果的ですよ」(いずみさん)

ピラティス中のPOINT

・スタートポジションで鼻から息を吸い、動く時に口から息を吐く

・効かせたい部位に意識を集中!

・狙った部位以外が効いてると感じるのは筋肉を正しく使えてない証拠

 

初級編・ヒップリフトブリッジ【20回】

dsc04495 (1)ベッドに仰向けになってひざを立て、足とひざの間は軽く開ける。両腕は伸ばして身体の脇に置き、息を吸う

dsc04497-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc(2)息を吐きながらお尻を真上に引き上げる。お尻の穴をキュッと締め、おへそのあたりに力を入れて腰が反らないように注意して。(1)~(2)を繰り返す


この投稿をInstagramで見る

Studio Pilates Izm(@studio_pilates_izm)がシェアした投稿

上級編・シングルヒップリフト【片足10回ずつ】

dsc04497(1)まずは初級編の(2)の状態でキープ。肩からひざにかけて一本の線でつながってるイメージで腰が反らないように!

dsc04499-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc(2)片足を真上に上げて息を吸い、息を吐きながらお尻を軽く引き上げる。お尻を下げて息を吸う→吐いて上げる、を交互に繰り返し、反対側も同様におこなう。片足を上げてヒップリフトすることで軸足により負荷がかかって効果アップ!


この投稿をInstagramで見る

Studio Pilates Izm(@studio_pilates_izm)がシェアした投稿

 

 

sen_7092
スタジオ ピラティス イズム

クラシックバレエやストリートダンスに精通し、NY留学中に腰を痛めた経験からピラティスメソッドの効果を実感。ピラティスインストラクターの資格を取得後は横浜·山手に『スタジオ ピラティス イズム』をオープンし、呼吸法や解剖学を取り入れたセルフメンテナンスを提案。グループレッスンやパーソナルレッスンのほか、現在はリモートによるオンラインレッスンも実施。
スタジオ ピラティス イズム

取材・文/井上ハナエ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket
前の記事 次の記事

関連記事を読む

健康・ボディケア・リフレッシュ のトップにもどる

あなたにおすすめの記事