健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.3.8

心に潤いがないなら…漫画『ブルージャイアント』とCeraLaboのフェイスクリーム! 連載・薬剤師 津田マリエの“効く”漫画&コスメの処方箋

働く女子は、恋に仕事にプライベートに、悩みやストレスもいっぱい。そんな沈んだ心をものの20〜30分で、スッと軽くくれる漫画をご紹介。この連載は、年間300本以上の作品を読む、薬剤師の津田マリエさんが、悩みや症状に合わせて“心が元気になる漫画とコスメ”を毎回処方。読んで、試して、心も見た目も引き上げちゃいましょう!

9784091856784-640x900

(C)石塚真一/小学館

心を潤す漫画

「遊びにも自分磨きにも、なかなか行けない今。たっぷり読み込めて、心に潤いをくれる漫画をご紹介します。題材は”ジャズ”。主人公の宮本大(ミヤモトダイ)はジャズプレイヤーを目指し、演奏はもちろん、人間としても成長して行くストーリー。読んだ後はぜひジャズを聴き、余韻に浸ってください。また巻末には、将来大が世界一のジャズプレイヤーになったのかを連想させる『大のゆかりのある人にインタビューをしているシーン』があります。たった4ページなのにクスッと笑えるようなことから、ジーンときて泣いてしまうようなものもあったり。こちらもかなり素敵なので必読です!」

処方箋No.14

・こんな症状におすすめ
最近心に潤いがなく、ささくれていると感じる。

・処方マンガ
ブルージャイアント」石塚真一(小学館)

・薬効
心が潤って、また頑張ろうと思える

・副作用
突発的にジャズが聴きたくなる

・何巻まで処方
大迫力の演奏シーンが鳥肌モノな「4巻」までは、お願いですから読んで頂きたい。4巻まで読むと、どっぷりハマりますよ!!

・あらすじ
ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

心にささる!元気になるPOINT

根っからの悪い人はいない

「主人公の大は、俗に言う純粋でいい奴。そしてとにかくひたむきで真っ直ぐ。そのストレートな思いや演奏は、周りの人たちに『覚悟』や『感動』を与えていきます」

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc

(C)石塚真一/小学館

「正直、派手なエピソードはそんなにありません。ですが、1つ1つの話に『人の根底にある優しさ』とか『思いやり』とか、『踏ん張って頑張っている気持ち』とか『覚悟』とか…。読んでいて毎回、胸がじんわりと温かくなる漫画です。嫌な感じの人はいても、本当に悪い人や悪役が出てこないところも個人的には好き。世界に根っから悪い人なんていないんじゃないかって思わせてくれます」

めげない、諦めない、絶対に負けない

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88

(C)石塚真一/小学館

サックスの演奏を上達させるという技術的な成長だけでなく、人としての成長を感じられるところも魅力。大は初めてのライブで精一杯演奏するのですが、周りのバンドとうまく合わせることができず、常連客のおじさんを怒らせてしまいます。そんな事があっても卑屈になったりせず、次の日も休まず練習を続ける姿が!」

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%93

(C)石塚真一/小学館

「『世界一のジャズプレーヤーになる』と何度も宣言する大ですが、カラッとしていて嫌味がなく、とにかく真っ直ぐ!そしてひたすら努力し続ける姿勢には好感と尊敬の念が湧いてきます。諦めずに努力し続けることが成功への鍵』。これってよく聞く言葉ですが、簡単なようですっごく難しいことだと思うんですよ。特に努力していても結果が出ないときは、心が折れそうになりますよね。実際にこの漫画を読んでいた頃、仕事が大変で心が折れてしまいそうになることが多々ありました。けれども、雨の日だろうが雪の日だろうが3年間一日も休まず河原で練習を続ける大の姿に、当時かなり励まされました。自分の可能性や好きという気持ちを信じて努力し続けられる。それ自体が最大の才能だと思います

 

まるで今にも音が聴こえてきそうな「大迫力の演奏シーン」!

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%94

(C)石塚真一/小学館

「漫画なので当然音もないし、ましてはセリフすらないことも多い演奏シーンですが、今にも音が聴こえてきそう!そして周りの観客の反応からどんなにすごい演奏なんだろうと想像が掻き立てられ、無性にジャズが聴きたくなります

%e5%85%88%e7%94%9f

(C)石塚真一/小学館

大は高校の文化祭でも演奏をします。ロックバンドばかりが演奏する完全アウェーなステージの中、音楽の先生と一緒に演奏するのですが、まるで風穴を開けたような演奏シーンが大迫力ですごい!!! 普段目立たない音楽教師の黒木先生が、大の演奏につられて立ち上がってピアノを演奏するシーンはめちゃくちゃかっこよくて鳥肌モノです。過度な演出とかはなくて、ただ演奏しているだけのシーンなのに、ものすごく引き込まれてしまうようなパワーがあり、とにかく熱い!!

 

心だけでなく、顔にもたっぷり潤いを

心が潤いと共に、顔にも十分な潤いが必要な今の時期。セラミドがたっぷり入ったクリームを、目周りのアイクリーム代わりに愛用中。漫画にちなんだ「ブルー」の容器です。

 

セラミドを高配合したリッチなクリーム

20191030_ceracure-face-cream-_%e6%9c%ac%e4%bd%93_640x640_72dpi

CeraLabo CeraCure Face Cream 30g ¥6,818(税抜)

美容化学者・かずのすけプロデュースコスメ。肌のバリア機能を補助する成分・セラミドを12種類配合したフェイスクリーム。コクのあるリッチなテクスチャーで、アイクリームや気になる部分の集中保湿ケアにも◎。乾燥肌はもちろん、敏感肌にも使えます。

 

【プロフィール】
漫画を処方してくれたのはこの方!
%e6%b4%a5%e7%94%b0%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%88%e5%ae%a3%e6%9d%90

◆津田マリエさん
ドクター津田コスメラボCEO。皮膚科医の母を持ち、幼い頃から美容に馴れ親しむ。また、薬剤師の免許を持ち、インナービューティにも精通。インスタグラム(@marie_tsuda1079)でも、日々美容情報を発信中。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事