健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2020.1.4

深田恭子さん「冬は保湿第一!パックをこまめにして乾燥ケアをしています」“なりたい顔No.1”のビューティーメソッド6

いつ見ても女性らしく、優しげで、上品。それでいてドラマでの演技がとてもコケティッシュ。’19年、多くの作品で活躍された深田恭子さんが『美的』読者の選ぶ「なりたい顔」の1位にランクイン! 美しさの秘訣を教えてもらいました。

深田恭子的ビューティーメソッド6

kd_dsc_0266

01 パックをこまめにして乾燥ケアをしています。冬はやはり保湿第一!

元々乾燥肌なので、冬はどうしても肌あれしがちです。その分、保湿には一層気を遣います。スタジオ内なども乾燥しているので、ファンデーションはあえて薄く塗り、お直しの際に保湿もしやすいようにしたり。

02 薄着の日でも腰にはカイロを。冷え対策はマストです

寒い日はもちろん、わりとあったかいな~という日でも、腰にカイロを貼っておくことが多いんです。空調の利いている所に入ると、意外と冷えたりするので…腰やおなかを温めると全身がポカポカしてきます!

03 トレーナーの先生とお喋りしながらのトレーニングでストレス解消

昔から通っているジムでパーソナルトレーニングを続けています。私、黙ってトレーニング、ということができなくて(笑)。ずっと他愛もないことを話しています。先生とお喋りしながらトレーニングすると、身も心もスッキリとするので私にとって大事な時間です。

kd_dsc_0629

04 セルフメイクではツヤと血色感を大事にしています

肌作りが好きで、特にチークは絶対に入れます。常に血行がいい感じにしていたくて。アイメイクは薄くなってきて、メイク時間も今は10分くらい。手鏡を見なくなりましたね。近くで見ながらやるとどんどんメイクが濃くなるから(笑)、少し離れた鏡を見てするのがちょうどいいです。

05 最近、初めてネイルストーンをつけました。手元を見るのが楽しい!

実は今までストーンとかの飾りをつけたことがなくて。シンプルな石なんですけど、それでもなんて楽しいんだろう! と、自分の爪を見る度にひそかに喜んでいます(笑)。簡単に自分の気持ちを上げることができてお気に入り。

06 30代をどう頑張るかで40代が決まると年々強く感じています

保湿や冷え対策など、30代のうちにしっかりケアしておくことで、40代が変わってくるのかなと。健康面もそう。年々、早寝早起きになったりと、自分の体に気を遣うようになりました。今からのちょっとした積み重ねが大事なんだと思っています。

PROFILE
深田恭子
女優。1982年11月2日生まれ。第21回ホリプロタレント・スカウト・キャラバンでグランプリをとり、デビュー。多くの映画やドラマなどで活躍し続ける。公式Instagram@kyokofukada_official

美的2月号掲載
撮影/中村和孝(まきうらオフィス) ヘア&メイク/板倉タクマ(nude.) スタイリスト/亘 つぐみ(angle) デザイン/Jupe design 構成/安井千恵、加藤絢子(本誌)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事