健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.11.30

気になるデリケートゾーンの乾き・ニオイは、体の内側からの粘膜ケアでレスキュー! 【最新セクシャルヘルス事情】

なかなか人に相談しづらい、性にまつわること。特に、デリケートゾーンのニオイや膣の乾き、それに伴う性行為への不安、性交痛などは、気になっていても恥ずかしくて放置しがち、というのが現状では?
SIMPLISSEから、そんなコンプレックスにポジティブに向き合う商品が誕生しました! 体の内側からの「粘膜ケア」という新習慣を提案するサプリメント「シンプリス センシュアル ネンマク ケア」です。

r1シーベリー果実油、アグアヘエキスなど粘膜の潤いをサポートする成分、ニオイに働きかけるメントール、抗酸化物質アスタキサンチンなどを贅沢に配合。シンプリス センシュアル ネンマクケア 30袋(30日分) ¥8,700(税抜)

ポジティブに生きるために「セクシャルヘルス」を考えることは必要不可欠!

10月に行われた発表会では、まずSIMPLISSEを展開するMNC New Yorkの代表、山本未奈子さんが登壇。

「人間の三大欲求は、食欲、睡眠欲、性欲であるにも関わらず、こと性欲については人前で口に出すべきではないと伏せられがち。そのため、セクシャルヘルスについての正確な情報は遮断され、悩みは極めて個人的に。解決までの道のりは程遠いといった状況です。だから今、“自分らしい美しさ”をサポートするブランドであるSIMPLISSEは、自分を構成する大切な要素であるセクシャルヘルスに真摯に向き合い、このセンシュアルラインをスタートさせました」と、話しました。

r2

その後、なおえビューティークリニック院長・喜田直江先生と対談へ。産婦人科、形成外科、美容外科、皮膚科を経験後、8年前に開院し、現代女性のさまざまな悩みに向き合ってきた経験をもつ喜田先生も、女性の粘膜ケアの必要性に言及します。

「これまで長年医師として診察を続けてきた中、“女性器コンプレックス”を抱え、人生に後ろ向きになっている女性がいかに多いかを痛感しています。もちろん相談しにくいことではありますが、積極的に向き合うことで悩みは軽減され、人生をもっと前向きに楽しめるはずです」(喜田先生)

r3

ニオイ対策は、きちんと洗って、外から内から保湿ケア!

女性が人に言えない悩みで特に多いとされるのは、デリケートゾーンのニオイ。

「ニオイの原因としては、1.きちんと洗えていない2.ストレスや女性ホルモンの減少などによって膣が乾燥し、自浄作用が低下している、といったことが挙げられます。膣は第2の顔。肌と同じように、専用ソープで正しく洗って保湿することが重要です」(喜田先生)

r4

「膣の乾燥は、粘膜の乾燥によるもの。保湿には、肌と同様、外からだけではなく体の内側からのアプローチが必要です」(喜田先生)

「そこで、SIMPLISSEが提案するのは、粘膜の潤いをサポートする成分やニオイをスピーディーにケアする成分を配合したサプリメント。13粒を目安にとるだけで、簡単に“粘膜ケア”ができます」(山本さん)

自分の体を大切にケアすることで自然と気持ちに変化が生じ、人生を前向きに楽しめるように―そんなきっかけとなるこの新商品をチェックして、セルフケアを習慣にしてみては?

構成/つつみゆかり

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事