健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2019.11.14

モデル・有村実樹さんの小顔テクニック大公開!顔まわりの毛束で横顔面積カバー、濃いめリップでシャープに

いつ見ても小顔な方々は、“顔が小さい”にあぐらをかかず、さらに小さく見せるちょっとした「仕込み」を日々行なっていたんです!今回は、『美的』専属美容モデルの有村実樹さんに小顔に見えるテクニックを教えてもらいました。

長めの眉尻や顔周りの毛束で正面だけでなく横顔までも小顔印象に

kd_p90%e3%80%81%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88ph

「輪郭や頬を強く押すマッサージは、肌に負担をかける気がして苦手です。代わりに行うのが、スキンケアをしながらの優しいハンドプレス。手で肌を温めながら筋肉を刺激すると血流が促され、自然と顔がスッキリします。メイクは眉尻をきちんと描いて“こめかみの余白”を埋めると小顔に。また濃いリップを塗ると、フェースラインがぼやけずシャープに見えます。髪はサイドに流れる毛束を作り、顔横の面積が狭く見えるようにカット。横顔も小顔に見えるようにヘア&メイクするのが、私のこだわりです」

【point1】優しいタッチで肌を目覚めさせる

「スキンケアは顔の中心から外に向かって、優しくハンドプレス『肌、起きてー』と思いながら目元や口元を刺激すると、自然と目が開き、口角も上がります」

kd_201909%e7%be%8e%e7%9a%84_0025
強く押すのは疲れたとき耳周りだけ

kd_201909%e7%be%8e%e7%9a%84_0009
手の体温で肌を温める

kd_201909%e7%be%8e%e7%9a%84_0008
目元は指の腹で優しく

 

【point2】眉尻をきちんと描く&濃いめリップで顔の余白を感じさせない

「眉尻は極細ペンシルAで丁寧に描きます。濃いめリップは、より輪郭が際立つマットタイプがおすすめ。色は服や気分によって塗り分け。今秋は、シャープな大人オレンジのBと、柔らかさもありつつ引き締まった印象になる鮮やかレッドのCがお気に入り」

kd_190919tm_03
A セザンヌ 超細芯アイブ ロウ 03 ¥500

 

90arimura
B シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッド アンプリファイドマット AM RD 163 ¥3,300

 

kd_3614272653139_absolu_rouge_cream_ruby_queen
C ランコム ラプソリュ ルージュ R 02 ¥4,000

 

顔周りに落ちる計算尽くの前髪で横顔の面積をカバー

kd_201909%e7%be%8e%e7%9a%84_0052
「顔周りはリップラインでカット。毛先を軽く巻くと、自然とサイドに流れて顔の横幅を隠すことができます。今っぽくなるよう、透け感が出るようにオーダーするのも忘れずに」

 

kd_201909%e7%be%8e%e7%9a%84_0064
美容家・モデル 有村実樹さん
Profile・『美的』専属美容モデルとして活躍する傍ら、モデルならではの豊富な知識を生かし、NHK文化センターの美容講師としても活動。凜とした美しい容姿や立ち居振舞は『美的』読者の憧れ。

『美的』12月号掲載
撮影/中島 洸 ヘア&メイク/yumi( Three PEACE) スタイリスト/小川未久 構成/上村ゆう子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事