美的HEN
健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2023.7.18

「好きです、化粧水」。埼玉西武ライオンズ・源田壮亮選手にスタメンコスメを聞いてみた。by『美的HEN』

©️SEIBU Lions

 

心身ともに過酷な環境でハードな練習や試合日程をこなしているはずなのに、「あのスポーツ選手は、なんでいつも精悍なの!」。その理由を、美容エディター・北川が探る不定期連載企画がこちら。第2回にご登場いただいたのは、2023 WBC(ワールド ベースボール クラシック)での大活躍も記憶に新しい、埼玉西武ライオンズ・キャプテンの源田壮亮選手です! ちなみに、美容レベルもプロスポーツ選手トップクラスでした!!!

 

\こちらも必読!/

【撮影当日の肌は、ご本人曰く”ご機嫌斜め”。だがしかし!】

取材が始まってすぐに「今日、肌の調子悪いです(笑)。なんかできちゃって。でも、放っておきます~」や、「スキンケアは時間との戦い。入浴後、なるべくすぐに」と、ゆる〜いテンションでサービス精神旺盛に答えてくれた、源田選手。 ナマで見ても、撮った写真をズームにしてみても、目立つ肌荒れはナシ。キメ細かくて整った加工不要な肌の持ち主です!

 ※あ、そもそもこの企画、ヘア&メイクもスタイリストも入っておりません(こだわり)。「美的HEN」読者の皆様には、源田選手の美肌&ファッションセンス&清潔感の高さをリアルにご堪能いただければ幸いです。

「肌は乾燥しやすいほう。老化はまだ感じていないけれど、 『年齢を重ねても若々しく見える人って、肌がキレイだよね』って、夫婦同士でもよく話していて。“キレイな肌でいてね”とか妻にいわれると、美容も頑張ろうかな…と。 かといって、自分でコスメを選ぶことはなくて、妻から“これいいよ~”とおすすめされたものを使い始める感じです。実際に使ってみて良かったものは、リピートすることも」(源田選手)

【発表! 妻想い♡源田選手のルーティンスキンケア】

 乾燥肌の源田選手が、朝晩1日2回のスキンケアタイムに使う定番アイテムがこちら。

右:オルビスユー フォーミングウォッシュ【医薬部外品】120g 1,980

フォーミングウォッシュ[医薬部外品]の詳細はこちら

中右:オルビスユー エッセンスローション【医薬部外品】180ml 2,970

エッセンスローション[医薬部外品]の詳細はこちら

中左:オルビスユー ジェルモイスチャライザー【医薬部外品】50g 3,300

ジェルモイスチャライザー[医薬部外品]の詳細はこちら

左:ネイチャーリパブリック グリーンダーマCICAビッグトナー 500ml 2,200

「普段使いしているのは、オルビスユーの洗顔料と化粧水とジェルクリーム。初めて使ったけれど、なんかいい感じ(笑)。あと少しでなくなりそうなので、リピートする予定です。 スキンケアの中でも特に気持ち良くて好きなのが、化粧水。 ジャバジャバと浴びるように使いたくなったときは、CICAにチェンジしています(ネイチャーリパブリックのもの)。気持ちいいんですよ〜これ。しっかり入って、潤ったのを感じます」(源田選手)。化粧水の効果をあまり実感していない人は、源田選手のように大量に(例えば、3回重ね塗りとか)使うと、いいことあるヨ(ホントに)。

大好きな化粧水たちを愛おしそうに見つめる源田選手。ちなみに、洗顔といった落とすケアの重要性を奥様から学んで以来、水だけで洗顔するのをやめたそう。「日焼け止めとか毛穴の汚れとか、 洗顔料を使ってちゃんと落としてからスキンケアをするようになってから、化粧水のなじみがよくなった気がしています」 (源田選手)。ココもホント。たかが洗顔、されど洗顔。なめたらアカン。

【妻想いで肌思い♡ UVケアは年中無休!】

「紫外線を浴びると、赤くほてりやすい肌質。練習や試合が屋外で行われる日は必ず、日焼け止めを顔や腕に塗るようにしています。 2月のキャンプでも、耳の裏側までちゃんと塗っていますよ。 いろいろ試したけれど、今のお気に入りはアネッサ。ベタベタしないし落ちにくいし、これで2本目です。チーム内では、栗山さん(栗山 巧選手)も日焼け止めをいつもちゃんと塗っているイメージ」(源田選手)


製品名は「アネッサ パーフェクトUV スキンケアジェル N(90g ¥2,640*編集部調べ)」

パーフェクトUV スキンケアジェル Nの詳細はこちら

する~とのびて、すっと溶け込むようになじむジェルタイプで、ボディに塗っても、汗をかいてもベタつくにくい。ちなみに、“肌が老化する原因の約7割は、加齢ではなく紫外線”というのは、美容業界周知の事実。保湿やエイジングケアをいくら頑張っても、紫外線対策をしないと台無しになっちゃうヨ。

さらには、紫外線を多く浴びた日のスペシャルケアがあるところも、源田選手のスゴイところ!!!!!

SCOOP☆ 妻&肌想いな源田選手のスペシャルケア】

右:アルビオン フローラドリップ 80ml 7,700160ml 14,300

フローラドリップの詳細はこちら

左:グライド・エンタープライズ ルルルンプレシャスWHITE(クリア) 108ml×7枚入り ¥528

「屋外の球場でデーゲームがあった日は、アルビオンのフローラドリップという化粧水を使っています。とろっとしているのにすぐになじみ、ベタつかずに整う感じが好きですね。これはちょっと高価なので、大事に使わないと…(笑)。アルビオンのスキンコンディショナーも好きなアイテム。化粧水の後に、ルルルンのシートマスクも使います。シートが分厚いのがいい!」(源田選手)

親愛なる『美的HEN』読者の皆さま。紫外線って、日焼けやシミだけではなく、肌の乾燥、シワ、たるみ、ゆらぎの原因にもなるんです。屋外にいる時間が長かった日や紫外線を多く浴びた日は、これくらいやっちゃっていいんですヨ!!

30歳にして、頭皮ケアにも余念ナシ!】

右手に持つのは、アクティバート スカルプシャンプー オムという男性用頭皮ケアシャンプー。左手には、ウカのスカルプブラシを持って、ニコパチ撮影☆ 「髪質は、細くて柔らかいほう。頭皮チェックにも行ったことがあって、頭皮ケアって大事なんだな~と実感。どちらも遠征先まで持って行きます」(源田選手)

ウカの商品名は「ウカスカルプブラシ ケンザン(¥2,200)」

uka スカルプブラシ ケンザンの詳細はこちら

シリコーン製の頭皮ブラシで、シャンプー時にこれを使って頭皮を優しくマッサージすると、頭皮の毛穴に詰まった汚れやコリが「あら、スッキリ♪」と感じられるシロモノです。

【EPILOGUE:社会人男性必見! 源田選手のメンタルケア】

ちょっとした失敗でさえすぐにマスコミに取り上げられ、世間に知れ渡るのが、一流のプロスポーツ選手のツライところ…。だからといって、落ち込んでばかりはいられない! そんなとき、源田選手はどうリセットしているか? 美的HEN読者さまはもちろん、埼玉西武ライオンズファンの皆さま(me too)、一緒にシェアしましょ。

 

「僕は落ち込みやすい性格。もち直せるのは、妻のおかげ」

「僕自身は、何か失敗とかあると落ち込みやすいし、引きずったりしやすい性格。けれども、妻はめっちゃ前向き(笑)。子供と食事を終えた後でも、 僕と一緒に食卓に座ってくれて、どんなに遅い時間になっても話を聞いてくれるし、妻の言葉を浴びて“よし、また頑張ろう!”と。ホント、そんな感じです。 ひとりだったらぐるぐると考え込んでしまうだろうし、助けられているな〜と日々、感謝しています。仕事柄、家で過ごせる時間は少なめですが、コミュニケーションはよくとれているほうだと思います。遠征先でもその日にあったこととか、お互いに電話で話しますよ。あれ? みんな、やっていますよね…?」(源田選手)

 

「ハードルが高い夢があります。内容はヒミツ(笑)」

「僕には今、大きな夢があって、そこに辿り着くために、31歳までに、32歳までに…と、小さな目標を年々立てて、現状に満足しないように取り組んでいます。年齢を重ねるたびに体力面は厳しくなるけれど、精神的な部分はこれからも成長できますよね。その夢の内容は、家族としかまだ共有していません。プロ野球選手になっていなかったら…? うーん。パイロットとかカッコよくて憧れます。カッコいいといえば、WBCでご一緒させていただいたダルビッシュ有さんも、見た目はもちろん、人としても本当にカッコよかったです。家族想いなところとか、Tシャツ1枚でもサマになるところとか」(源田選手)

WBCを通して、埼玉西武ライオンズはもちろん、日本球界のスターになった源田選手ですが、ご本人のオーラはとっても朗らか&爽やか。撮影の合間には「プロ野球とか観に行くことあります???」と、スタッフ陣に気さくに話しかけてくれる一面も。ますますのご活躍を期待しております! 取材を快諾&尽力していただいた、埼玉西武ライオンズ関係者の皆様も本当にありがとうございました。

 

\埼玉西武ライオンズ公式YouTubeでは、インタビューの裏側を公開中!/

 

プロ野球選手(埼玉西武ライオンズ所属)
源田壮亮選手
げんだ そうすけ/2017年にドラフト3位で、埼玉西武ライオンズに入団。初年度の開幕戦から、遊撃手(ショート)としてスタメン出場を果たす。2023年には、第5WBCの日本代表に選出。小指を骨折しながらも守備&打撃で優勝に貢献する姿には、多くの日本国民が感涙。1993年2月16日生まれ。
©️SEIBU Lions

 

『美的HEN』

新プロジェクト『美的HEN』は17年前からメンズ美容に取り組んできた『DIME』と、22年前から女性の美を発信してきた『美的』がタッグを組んだ新しいプロジェクト。プロの美容情報ニュースサイト『美的.com』と“知りたい”を深掘りするウェブマガジン『@DIME』上にそれぞれコラボ企画ページを立ち上げ、双方の視点からすべての人の美をサポートします!様々なカテゴリーを超えて、あらゆる人が美容を楽しむための情報をお届け予定。スキンケアの基本から、悩ましい“毛”問題、気になる最新グッズまで。『美的HEN』サイトをチェックして♪

*HENは、スウェーデンで「hon(彼女)」でも「han(彼)」でもない、ジェンダーニュートラルな三人称単数代名詞として使用されている言葉です。

『美的HEN』トップページ

撮影/寺田茉布(LOVABLE・人物) 構成/北川真澄

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事