健康・ボディケア・リフレッシュニュース
2022.6.10

長谷川博己さん「力の抜き方を知ることで何かが変わりうまく行くことがある」|映画『はい、泳げません』スペシャルインタビュー

\"\"

映画『はい、泳げません』公開にあたり、俳優の長谷川博己さんにスペシャルインタビュー!悩みに固執しすぎないことが、前に進み続けることのポイントだという長谷川さんにお話しを伺いました。

悩みや細かいことに固執しすぎず、少し力を抜くと、現実が好転しやすい気がします

kd_img392846
ずっと水着姿だった気がする程、映画『はい、泳げません』での長谷川さんはプールにいる。トレーニングが日課なことから、特別に体作りをせず役に入れたそう。

「撮影時、体が冷えると思うように動けず、細かな表現もしにくくなるので採暖室で温まるのですが、そうすると今度はプールに入りたくなくなるという悪循環でした(笑)」

「泳げない男」が泳ぎをマスターしようと必死で練習する姿を描く今作。演じる小鳥遊は、大学で教える哲学者(そして性格はやや面倒)という役柄にも惹かれた。

「彼は水に入ることで記憶を遡っていきますが、その中で水恐怖症を克服していく過程が段階を踏んで描けているか常に意識していました。記憶の中の感情と向き合うということは役者業とも似ていて、大河ドラマも終わり、いろんなことが一段落したところで自分と向き合う役は時期的にも良かったです」

立派な大人が、大騒ぎしながらも自分を変えようと必死になる過程はコミカルだが、今作は傷ついた思い、避けてきた記憶と向き合う再生の物語でもある。長谷川さん自身、演じながら、「つらいことから逃げずに向き合うことで、前に進み始める感覚が改めてあった」という。

「僕は映画館の暗闇の中で映画を観ると、関係のない物語と現実の悩みがシンクロし、助けられていました。誰かの物語を通して、悩みを俯瞰できるからなんでしょうね。自分を知り、客観視することが現実を変える近道な気がします。僕自身は今、悩みに固執しないようにしています。いい時期もつらい時期も長くは続きませんし、そのうち状況は変わる。時が解決してくれるのは本当だなと思います」

日本を代表する役者でありながら、謙虚で、ひとつひとつに丁寧に答えてくれる。そんな長谷川さんを支えているのは「自然と戯れる時間」。年齢を重ねるごとに自然の素晴らしさを実感し、時間があると海や山、公園に行くそう。

「家のサボテンが子株をつけると、その生命力に感動しますし、最近は炎の温かさが心地よくて。友人と夜、キャンプファイヤーで会話すると、それだけで癒されるんです」

「神は細部に宿る」。これは長い間、長谷川さんが大事にしてきた言葉。でも最近、少し変わった。

「細部を気にするのも大変ですよね(笑)。今は細かな部分も許容し、受け入れるようになりました。見た目も心もちも自然な方が美しさを感じますし、そうして力の抜き方を知ることで何かが変わり、うまく行くことがある。この映画で、そういうことも感じてもらえたらうれしいです」

It’s my it!

“世界のサラダ”で野菜をとる

レシピを見ながらいろいろ作っています。彩りの良い野菜を使ったタブレが好き。細かく刻む程おいしいんです。

日課はウォーク&ラン

家でマシンを使って行っています。BGMはラウンジ・ミュージック。トレーニング中も気持ちはゆるっとしていたい方です。

【Movie】『はい、泳げません』 JO1

kd_hi_main
大学で哲学を教える小鳥遊雄司は泳げない。顔を水につけることさえできない。ふと入った水泳教室で、コーチの薄原静香に強引に入会を勧められる。逃げていたことと向き合い、静香のレッスンを受け続けるうち、ある記憶が蘇る…。
監督・脚本:渡辺謙作 原作:高橋秀実 出演:長谷川博己、綾瀬はるかほか
6月10日公開

 

Profile
pro
はせがわ・ひろき/1977年東京都生まれ。2002年から舞台で活動し、’11年に『鈴木先生』でドラマ初主演。その後、話題の作品に多数出演。主な出演作に、映画『映画 鈴木先生』『進撃の巨人』『シン・ゴジラ』、ドラマ『家政婦のミタ』、大河ドラマ『八重の桜』『麒麟がくる』など。

 

『美的』2022年7月号掲載
撮影/杉江拓哉(TRON) ヘア&メイク/宮田靖士(THYMON Inc.) スタイリスト/白山春久 構成/松田亜子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事