カヨッキズム
2021.11.23

奇跡の64歳・天野佳代子がオススメする秋冬こそ必要な美白ケア6選【カヨッキズム volume.21】

\"\"

ビューティディレクター・天野佳代子が読者からの質問に答える人気連載。美白ケアは秋冬こそ必要な理由を説きます。

秋冬も美白ケアを続けた方がいいって本当ですか?

A.シミは秋冬に出現!美白は通年ケアが常識

美白の新製品は年明けから3月にかけて発売されます。紫外線が強くなる、春少し前というこの時期での発売は、消費者の皆様に美白意識を上げていただく絶好のタイミング。同時に女性誌の美容ページでも一斉に美白特集が組まれます。各社、独自の知見が投入された新たな美白アイテムが続々と紹介され、美容界は大いにわきます。このように美白ラッシュと呼ぶべき一時期のにぎわいのおかげで、「美白は春夏のシーズンもの」と思われてしまいがちです。でも、違います。美白は通年で行うべき、そしてできれば一生涯行うべきケアです。

シミの原因は春夏の強い紫外線が主ですが、シミの出現は季節に関係ありません。特に乾燥が引き金となって肌機能が低下する秋冬に出現することも多いです。美白は通年ケアと心得て、お手入れに美白アイテムを1品は加えてください。

ここに紹介しているのは、美白の大ヒット製品たち。多くの女性たちを満足させているものです。もちろんこれら以外の製品でも評判のものはたくさん。大事なのは、信頼のおけるブランドの製品をとにかく使い続けること。同じ製品を3か月連続して使用していただくと、手応えを感じるはずです。

美白化粧品を使う以外で常に心掛けなければいけないことに、シミやくすみの原因である肌のターンオーバーを滞らせないこと、もあります。酵素洗顔パウダーやゴマージュなどで日々角質ケアをすることは、美白ケアのひとつになります。まずはご自分ができることから始めましょう。

202112gp37-4
くすみの原因となる酸化皮脂を抑制。
ディオール スノー アルティメット エッセンス オブ ライト[医薬部外品] 50ml ¥22,000
スノー アルティメット エッセンス オブ ライト[医薬部外品]の詳細・購入はこちら

202112gp37-5
シミ奥の毛細血管にアプローチ。
資生堂 HAKU メラノフォーカスZ[医薬部外品] 45g ¥11,000(編集部調べ)
メラノフォーカスZ[医薬部外品]の詳細はこちら
202112gp37-7
化粧下地としても使用可能。
コーセー 薬用 雪肌精 デイ エッセンス[医薬部外品] SPF25・PA+ 50ml ¥5,500(編集部調べ)

全体的に明るくしたいというより目の下のシミが悩みです…。

A.ロールオンやスティックでピンポイントに狙い打ち

シミは顔だちの印象を変えるくらいの威力をもっています。薄くて小さいうちはまだ良いけれど、ファンデでもカバーし切れなくなるとすっかり定着して、その人の個性にすらなってしまいます。「シミがある人」という特徴をなくすために、今すぐケアをしましょう。部分ケアに効くのは、ピンポイントで塗れるロールオンタイプやスティックタイプ。携帯して日に何度もつけ足し、シミを消滅させましょう。

202112gp37-2
アジア人向け限定処方のロールオンタイプ。
クラランス ホワイト-プラス ブライト ロールオン[医薬部外品] 7ml ¥5,060
202112gp37-6
密着感に優れたスティック状。
アルビオン エクシア AL ホワイトニング メラノインテンシブ スポッツ [医薬部外品] 4g ¥13,200
ホワイトニング メラノインテンシブ スポッツ[医薬部外品]の詳細はこちら

乾燥する秋冬のUVケアアイテムでおすすめのものを知りたいです!

A.秋冬はSPF値の高さよりも保湿効果の高さで選ぼう

美白同様、UVケアも紫外線量が多い春夏だけという人が多いようです。でも、秋冬でも紫外線は容赦なく降り注いでいます。冬のUVケアは必須です。中にはUVケアアイテムは乾燥するという方もいますが、その場合はスキンケアでたっぷり保湿をした後につけるか、あるいはこちらの保湿効果抜群のアイテムを使うことをオススメします。
202112gp37-3
低刺激処方なので、ゆらぎがちなときも安心。
花王 キュレル UVエッセンス[医薬部外品] SPF30・PA++ 50g ¥1,650(編集部調べ)
UVカット UVエッセンス[医薬部外品]の詳細はこちら

天野佳代子への質問募集中!

天野佳代子への質問を大募集! スキンケア、メイク、ヘア、ボディ、インナービューティと美容に関することはもちろん、仕事や恋愛など、生き方全般の悩み相談や質問もOK。左のQRコードから質問フォームに飛んでください。お待ちしています!

天野佳代子へ質問する

 

Profile
%e6%b5%818gp021_kd_2019_07_04_1549
(c)青柳理都子
天野佳代子
『美的』創刊当時からのエディターを経て、現在はお姉さん版である『美的GRAND』編集長。年齢不詳な美肌っぷりがTV番組『マツコ会議』ほかで話題になり、初の美容本『何歳44からでも美肌になれる!』は発売後たちまち売り切れ続出!『美的GRAND』も大好調。小雪さん表紙の秋号は「美肌育成ベースメイク」。付録は憧れのクレ・ド・ポー ボーテのスキンケア7個!美的GRAND.webからも秋号の記事、配信中!

\好評発売中!/
a23464d_%e8%a1%a8%e7%b4%991%e4%b8%8b%e7%89%88

\6刷出来!美肌の秘訣がわかります/
202102gp25-8

 

『美的』2021年12月号掲載
撮影/金野圭介(静物) 文/天野佳代子 文・構成/加藤絢子(本誌)

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事