ズルいコスメ
2019.8.24

美肌の可能性を一気に上げた、最新パウダーテクノロジー【美的GRAND編集長・ズルいコスメ vol.47】

美肌の可能性を一気に上げた、最新パウダーテクノロジー

パウダーなのに粉感ゼロ。この未来系粉体がすごい!
美容雑誌の編集者という仕事をしていると、「化粧品は何を使っていますか?」と聞かれます。特によく聞かれるのはファンデーション。「最近、おすすめのファンデーションはどれですか?」という聞かれ方もあります。

長い美容誌人生でひとついえるのは、「ファンデーションは新しい方がいい」ということ。“カバー力があるのに見た目ナチュラル”という相反する特徴は、最新テクノロジーによってさらに実現され、“マット仕上げなのにツヤ感がある”なんていう、今まで考えもつかなかった質感ミックスさえ可能な時代。つまり、美肌仕上げの選択肢は、新製品によって容易に広がったといってもいいでしょう。

特に最近驚いたのは、ここに紹介した3品。粉とは思えない微細パウダーで、肌にのせるとスルスルのびて、ふわっと溶けて、肌と一体化。そもそもパウダーは毛穴レス効果が大ですが、これら3品の粉のなめらかさと溶け込み具合は、キメすら消滅させてしまう程の作用があります。日本の粉はここまできたかと驚嘆せずにはいられませんでした。今季、ファンデーションを聞かれたら、まずこの3品は推そうと思います。

kd_dsc8098-3

A.なりすましパウダーが美肌効果を格段に高める
重ねても重ねても粉感を感じない“溶け込みパウダー”。肌と一体化する技術でパウダーが肌になりすまし、もと肌が美しいという印象を作ってくれる。
アルビオン パウダレスト ¥5,000

B.最小ミクロンの粉体がかなえる、毛穴レスの肌
霧のように細やかな粉体が肌の凹凸まで均一に溶け込み、完全毛穴レスを実現。密着力も高いので、夕方になっても毛穴レスが持続。
カバーマーク シルキー フィット ¥5,500

C.仕上げの粉で肌印象が大きく変わることを実感
仕上げのお粉。5色のピグメントが放つ光で肌をツヤ補整。リキッドファンデーションの仕上がりを格段にアップさせて、上質な肌になります。
Koh Gen Do(江原道) マイファンスィー シアー モイスト パウダー ¥4,000(9月2日限定発売)

今月聞かれたコスメ

Q.顔がスッとしたような感じがしますね

(『美的』ライター むらなかさちこさんの言葉)

A.さりげに陰影プラスで、小顔効果大のチーク
最近、チークをつけたくない気分です。アイシャドウもリップも濃いめをつけているから、チークに赤みやピンクみが来ると、顔がとっちらかっているように思えて。でもノーチークだと顔にメリハリがつかず、縦に伸び切ってしまう気がするので、せめて薄色をつけて頬の位置はさりげに強調させたい。そんな肌色に溶けるなじみ色を探していたら、このオサジを発見。影のように色がついて、小顔効果も大です。
kd_img_3164
オサジ ニュアンス ブラッシュ d01 Zanzou ¥2,800
(問)日東電化工業

 

%e6%b5%81%e7%94%a8kd_eos-1d-x_4635%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%9f%8b%e3%82%81%e8%bc%aa%e9%83%ada
美容エディター
天野佳代子
『美的GRAND』編集長・美容エディター。『美的』創刊メンバー。幼い頃からコスメ好きで、親の目を盗んでは近所の化粧品店に入り浸っていた過去をもつ。美容編集者歴34年。62歳。

『美的』9月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、吉澤康夫(静物) 企画/石山照実(Beautyeditor) 構成/天野佳代子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事