宇垣美里のメイクの旅
2021.5.23

【新連載・宇垣美里のメイクの旅】スモーキーなピンクが新鮮! 80年代のファンタジー漫画の世界に脳内トリップ|vol.1

私たちはメイクでどこにだって行けるし、なんにだってなれる!プロも認める美肌の持ち主、宇垣美里さんの新連載が始まりました!さぁ、今こそ宇垣さんと一緒にメイクの旅に出ましょう♪

ミステリアスなピンクで80’s気分。からの萩尾望都さんのファンタジーの世界へ。

202106gp32-1

\本当に美肌!私が出会ってきた中でもトップレベル!/
202106gp32-2
今月のゲスト:ヘア&メイクアップアーティスト 菊地美香子さん
程よいモード感とその人らしさを引き出すメイクで、数々のモデルやタレントからの指名も多数。セルヴォークのクリエイティブアドバイザーも務め、ビューティ全般のトレンドにも精通。

 

美しいメイクはいろんな景色や感情を見せてくれる

いつもお世話になっている、そしていち読者として大好きな『美的』さんでの新連載が、ついに始まります! 大好きな“メイク”と“旅”とのコラボレーションって…もうワクワクしかない♪ もちろん、実際に旅はできません。ではどうするかというと、プロの方にしていただいたメイクを通して脳内トリップ! この色はあの景色に似ている、こんな女性はあの物語に出てきそう…という具合に。それはどこかの国かもしれないし、物語の世界の中かもしれない。妄想、空想は大好きなので、毎回どんな旅になるのか、私自身が楽しみです。

記念すべき第1回のゲストは菊地美香子さん。「おしゃれなセルヴォークのあの方だ~」と心の中で叫んでおりました。美香子さんに提案していただいたのは、ピンクのメイク。もともと大好きでよく使う色ですが、今日のピンクの仕上がりは初めましてな感じ。私が知っている甘く可憐なピンクとは真逆のスモーキーでミステリアスな雰囲気は、どこか80’sの香り。かと思えば、完璧な配色や質から生まれる透明感は、妖精のようでもあり。露っぽいしっとりみによって、漫画家・萩尾望都さんのファンタジーの世界にワープしている自分もいました。80’sから妖精って、すごい振り幅ですが、やっぱり美しいメイクには、いろんな想像力を掻き立てられるから仕方ないのです。

目尻のラインに四角を描いてアクセントをつけるとしゃれること、目頭や黒目の下にさりげなく仕込むラインで目が印象的になること…。真似したいテクニックも満載で、メイクルームでのひとときは尊すぎました。そして改めてメイクって最高です!

 

「第一印象はかわいらしいお顔と肌の美しさが際立っていましたが、メイクルームで会話をして撮影を終えたときには、そのイメージが鮮やかに覆されていました。彼女の魅力は強い意志と動じない心。そんなしなやかなたくましさを、甘くないピンクメイクに託しました」(菊池美香子さん)

 

使用アイテム

202106gp32-7
A. ブラウンみを帯びた大人ピンク。
セルヴォーク ヴォランタリーベイシス アイパレット EX05 ¥6,820(限定品)
ヴォランタリー ベイシス アイパレットの詳細・購入はこちら 202106gp32-8
B. 目力と抜け感を両立したレッドブラウン。
同 シュアネス アイライナーペンシル 02 ¥3,080
シュアネス アイライナーペンシルの詳細・購入はこちら 202106gp32-5
C. ピンクパープルの眉マスカラ。
同 インディケイト アイブロウマスカラC EX01 ¥3,080(限定品)
インディケイトアイブロウマスカラ Cの詳細・購入はこちら 202106gp32-6
D. ハイライトとチークカラーのセット。
同 カムフィー プレストパウダー EX01 ¥4,950(限定品)
202106gp32-3
E. スイートなピンク。
同 ディグニファイド リップス 02 ¥3,520
ディグニファイド リップスの詳細・購入はこちら 202106gp32-4
F. マルチに使えるフェイスカラー。マットなキャメルベージュ。
同 インフィニトリー カラー 07 ¥3,520
インフィニトリーカラーの詳細・購入はこちら

 

メイク方法

Aの右上をまぶたの上下に。左下を二重幅より少し細めに入れたら、左上を同じ範囲に重ねて奥行きを。さらに右下と左上を混ぜて、下まぶたの中央に。Bのラインを全体に入れたら、目尻は四角を描くように太くしてアクセントを。目頭にもくの字を描くように。眉はCのマスカラで抜け感を。チークはDの2色を混ぜて、頬に横長に。リップは、Eの上からFを重ねて完成。

 

PROFILE
202106gp32-samune
うがきみさと/フリーアナウンサー。1991年生まれ兵庫県出身。初の美容本『宇垣美里のコスメ愛』(小学館・¥1,650)が大ヒット中。

 

『美的』2021年6月号掲載
撮影/嶌原佑矢(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/菊地美香子(TRON) スタイリスト/辻村真理 構成/杉浦由佳子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事