宇垣美里のメイクの旅
2022.6.21

アイメイク好きにはたまらない! 豊富なカラバリの中から選んだ1色とは?|宇垣美里のメイクの旅 vol.13

\"\"

私たちはメイクでどこにだって行けるし、なんにだってなれる!宇垣美里さん連載第13弾。髪をバッサリ切って、おしゃれやメイクが改めて新鮮という宇垣さん。今月は、宇垣さんといえば…の“カラーライナー”をピックアップ。ますますバリエ豊富となったカラーライナーの中で選ばれた1色とは…?

広がり続けるカラーライナーの色バリエ。アイメイク好きにはたまりません♪

kd_0200
元々大好きなカラーライナーやカラーマスカラは、トレンドや季節、気分に関係なく、“常々”使いたいと思っています。だから昨今のブームはうれしい限り。しかもここ何シーズンかは、白みを帯びていたり、絶妙にくすんでいたり…と今までにはなかったような色も登場して、アイメイクがますます楽しい!

最近のお気に入りは、控えめな色味がおしゃれなヴィセのライナー。黄みに転んだニュアンスのあるカーキは、肌なじみ抜群で、“引いてます!”感がまったく出ないのがニクイ。このあんばいをわかってくれる人と会うときにつけたいので、これは女子会の日のメイクに決まりですね!

 

今月の推しコスメ

kd_img_0126
ヴィセのニュアンスカーキライナー
「青みが強くないところが私好み♪抹茶ミルクのように、少し白を含んだような柔らかい色味が新鮮で、ひと筆で今どきな目元に。描きやすさも抜群だし、ほかの色もかわいいんです」
コーセー ヴィセ リシェ アンティークパステル ライナー GR780 ¥1,100(編集部調べ)

アンティークパステル ライナーの詳細はこちら

 

今月の宇垣さん

kd_unnamed
今年も最高に楽しい時間でした!
去年に引き続き、今年も案内人を務めさせていただいた、WOWOWの「生中継 第94回アカデミー賞授賞式」。エンタメ好きとしてノミネートされている作品はほぼすべて鑑賞。なんて私得な仕事でしょう!受賞者たちのスピーチも良かったなぁ…。

 

PROFILE
宇垣美里さん
うがきみさと/フリーアナウンサー。1991年生まれ兵庫県出身。早くも4冊目となる著書、『今日もマンガを読んでいる』(文藝春秋¥1,650)が、好評発売中。現在はドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』に出演中。

 

『美的』2022年7月号掲載
撮影/山根悠太郎(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/加勢 翼 スタイリスト/小川未久 構成/杉浦由佳子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事