田中みな実・花が言うには。
2021.5.24

田中みな実さん「派手色だってネイビーとならしっくりきちゃうから頼もしい」|田中みな実 Color me Happy Vol.14

田中みな実さんの素顔や美の秘訣にテーマカラーという切り口で迫る連載。今月のテーマカラーはあか抜けのネイビー。果たしてどんな話が聞けるのでしょうか。

“肌には透明感、佇いには品格を宿してくれる。遊んでも外しすぎない強い味方のネイビーくん”

202106gp36-3

中学高校の6年間はネイビーのセーラー服、ネイビーのニット、ネイビーのカバン…。学校指定のあらゆる物がネイビーで正直うんざり(笑)。その反動からか大学ではパステルカラーばかりを身に着けて、当時のCanCamのエビちゃんOLを気取っていました。再びネイビー熱に火がついたのは社会人になってから。入社当時の私は大学時代のテニサーの名残が色濃く、日に焼けた肌にネイビーを合わせたマリンルックを楽しむなど、コンサバスタイルのど定番のネイビーにハマっていました。

メイクに取り入れるのはやや勇気が要ったけれど、メイクさんのネイビーのアイライナーを借りてみると目元がほんのりあか抜けて驚いたのを今も覚えています。今日はあの頃の感動が蘇るようなメイクに、ちょっぴりモードな雰囲気を加えて撮影! SHISEIDOのネイビーのアイカラーを上まぶたのキワへラインっぽく入れて、マスカラはひと塗りうっすらと。瞳が澄み切った印象になるんです。

202106gp36-2

今は、春先に購入したメゾンマルジェラのサマーニットに合わせてカジュアルダウンしたネイビーメイクを研究中。ボトムにイエロー、グリーン、濃いピンクなどを合わせるならリップはどうしよう♪ 考えている時間が幸せ。派手色だってネイビーとなら、案外しっくりきちゃうから頼もしい。華やかなコスメとも相性抜群のネイビー。春夏はメイクが楽しくなる予感しかしない!

私のお気に入り♪ ネイビーなアイテム

ディオールのミュール

202106gp36-4
「ベロア素材の濃紺ミュールは一昨年に購入して以来、今くらいの時期になると履きたくなるアイテム。白デニムを合わせたり、キレイめカジュアルを楽しめます」

SHISEIDOのアイカラー

202106gp36-1
「今日はラインっぽく入れたけれど、太めに引くと、また違った印象に」
SHISEIDO ポップ パウダージェルアイシャドウ 17 ¥3,080(6月1日発売)

メゾン マルジェラのサマーニット

202106gp36-5
「肌をキレイに見せてくれる濃紺色と、コンパクトなシルエットがお気に入り。ヴィヴィッドカラーのボトムと合わせたい!」

 

PROFILE
田中みな実さん
たなかみなみ/女優・フリーアナウンサー。自身がもつプロ級の美容知識によって磨き抜かれた肌やボディは、幅広い世代の憧れの的! 4月スタートの連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系)にも出演中。

 

『美的』2021年6月号掲載
撮影/吉田 崇(人物) ヘア&メイク/AYA(LA DONNA) スタイリスト/西野メンコ 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー 構成/北川真澄

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事