大高博幸さんの 肌・心 塾
2019.11.26

12 月のベージュ 【 大高博幸さんの肌・心塾 Vol.530 】

秋冬の新色シーズンから ホリデー限定品へと続いたベージュラッシュも ひと息ついて、12 月のベージュは ほんの少しだけ。But、NARS の限定品が 相変わらずパワフル、そして 4 日前に 発売が 開始されたばかりの デュカートの色つきネイルハードナーは、どなたにもオススメの優秀品です。
では いつものように、発売日順に サクサクッと御紹介。価格は全て本体価格。画像の色は 各社のデータの関係で、赤み or 青みが 強く出ている場合が 多々あるコトを御了承ください。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af

キャンメイク シルキースフレアイズ 01、02、03 ¥750 ( 12.1 限定発売 )
しっとりソフトなテクスチャーと〝 透けるツヤ 〟が 特徴の 新シャドウパレット。プチプラでいて、チップの素材も上質。色調は 3 種ともジェントル。01 は クールな万能型ベアベージュ、02 は セピア調のウォームベージュ、03 は ブロンズ寄りのウォームベージュ。

 

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%b9

アンブリオリス コンフォートリップバーム 全 2 色 ¥2,000 ( 12.2 発売 )
唇を 保護・保湿する 色つきのリップバーム。みずみずしい感触が 心地よく、発色はシアー。クールな色調の口紅の ベース or トップコートとして使うと、イキイキ感がアップする。# ピンクヌードは 落ち着いた発色のローズウッド、# コーラルヌードは やゝポップな印象のオレンジベージュ。

 

nars

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

NARS ( 全て 数量 & 店舗限定、12.3 発売 )
ナーズイスト ウォンテッド アイシャドーパレット ¥7,400
サテンやマット etc、限定 9 色 + 既存 3 色の 計 12 色をセットしたシャドウパレット。滑らかさや密着力は、パウダーシャドウとしてベストオブベスト。色の組み合わせ次第で、ナチュラルにもドラマティックにも、クールにもホットにも仕上げられる。
ナーズイスト ウォンテッド ミニアイシャドーパレット ¥3,700
前出の 12 色パレットの中の、主要な 6 色をセットした ミニシャドウパレット。シャドウが なかなか減らないという皆さんは、こちらを選ぶほうが いゝのでは?
ナーズイスト ウォンテッド パワーパックリップキット 8355、8358 ¥2,800
マットな仕上がりのリキッドリップカラー「 パワーマットリップピグメント 」の、ミディアムサイズのデュオ。8355 は、チェスナットローズ × ペールピンクヌードのキット。8358 は、タンローズ × テラコッタのキット。どちらも ベージュベースの ブラウニッシュな洗練色。唇が 特に乾くタイプの方は、リップバーム類との併用が オススメ。

 

%e3%83%88%e3%83%a0%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%89

トム フォード ビューティ ( 一部限定、12.6 発売 )
ソレイユ アイ カラー クォード 02、03 ¥10,200 ( 限定 )
太陽の光を受けて輝く 雪の静謐さにインスパイアされたという、4 色組みのシャドウパレット。02 は、クールなベージュ + グレージュ + グリーンのセット。03 は、ウィンタースポーツで灼けたような雰囲気の、ウォームブロンズ系のセット。
リップバーム 02A、06A ¥3,700
透明に色づく、ミニサイズのリップカラーバーム。02A は ヌーディなソフトベージュ、06A は テラコッタ調の ミディアムウォームベージュ。
この他、グロウ スティック、グロウ ドロップス etc も要チェック。

 

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%b3

メイベリン シティ ミニパレット G-S1 ¥2,000 ( 12.7 限定発売 )
マットカラー 2 色 × ゴールドカラー 4 色をセットした、ミニサイズのシャドウパレット。全体的に都会的なテラコッタ風の色調で、パーティメイクにもオフィスメイクにも対応できる。ダブルエンドの チップ & ブラシ内蔵。

 

以下は、遅れて届いた 11 月発売のベージュです。

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%90%e3%83%bc

メイクアップフォーエバー レッツゴールドアイパレット ¥6,800 ( 11.1 より限定発売中 )
豊かな色のニュアンスと輝きのバリエーションを追求した、18 色入りのシャドウパレット。遅い紹介となったため、既に品切れの際は御容赦ください。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-5

パラドゥ ( 全て 11.4 より発売中。一部限定 )
ピュアリップカラー BR 01、PK 01 ¥900
美容液成分配合、薄づきティントタイプ ( 唇に色素がステイする処方 ) の口紅。2 層構造技術により、透明感と奥行き感を実現。BR 01 は ショコラレッドブラウン、PK 01 は ミルキーベージュピンク。
ネイルファンデーション BO 01 ¥500
透ける色 × 厚みのある艶 × 自然なカバー効果が 特徴の、ベースコート的ネイルエナメル。BO 01 は、ピーチピンク寄りのウォームベージュ。
ミニネイル BR 03、GY 04 ¥300 ( 限定 )
手軽に楽しめるミニサイズのネイルエナメル、冬の限定新色。BR 03 は グレイッシュなブラウン、GY 04 は アーモンドテイストのグレージュ。

 

nars3

nars4

NARS ( 全て限定、11.22 より発売中 )
アウトシャイン リップグロスセット ¥9,300
カルト的人気を誇る「 リップグロス N 」の 1664 ( クリアシャイン ) と、限定色のヌードシェード 2 色を組み合わせたホリデーセット。スパンコールが 煌めく 華やかなポーチは、コスメが たっぷり収まるデザインで、スタジオ 54 のチャーム付き。
ソフトコア ブラッシュ & バームデュオ 5028、5029 ¥3,100
大人気の頬紅「 ブラッシュ 」& 同色のリップバーム、ミニサイズの限定セット。5028 は ダスティローズ、5029 は コーラルシマーのコーディネート。他に「 ORGASM 」の名で知られるピーチピンク ( Vol.503 ) のセットも要チェック。テトラ型のボックス入りで、親友へのプレゼントにも最適。

 

%e3%83%87%e3%83%a5%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%88

シャンティ デュカート 自爪補強コート マットタイプ ¥900 ( 11.22 より発売中 )
繊維入りとは分からないほどの、微細なファイバー入り 自爪補強コート。ソフトなカバー効果 × ベージュピンクの自然な色あい × ナチュラルマットな仕上がりが 素爪風。割れたり欠けたりしやすい脆い爪を、強力にガード。ベースコートとしても、ネイルカラーとしても、トップコートとしても使用可。僕は、オリジナルの完全透明タイプ ( Vol.505 ) との重ね塗りで、自分史上 最強の保護を継続中 ( 今までで最も長い爪を保てゝいるコトに、自分自身、驚いています ) 。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

ボビイ ブラウン ( 全て限定、11.29 発売 )
オータム アヴェニュー アイシャドウ パレット ¥5,500
ベージュ ~ ディープブラウンのグラデーションに、ブラックオリーブのアクセントカラーを配した、スモーキークールなシャドウパレット。5 色中、4 色が 限定新色。
フィーバー ドリーム アイシャドウ パレット ¥5,500
アイボリー ~ ウォームブラウンのグラデーションに、レッド寄りのブリック ( レンガ ) カラーを配した、ホットなトーンのシャドウパレット。5 色中、3 色が 限定新色。

 

%e3%82%b8%e3%83%ab

ジルスチュアート ルージュ ティントインドリーム 05、06 ¥2,800 ( 11.30 発売 )
唇に塗った瞬間の色が そのまゝ持続するように、染料を緻密に計算して処方された ティントタイプの新口紅。感触は リップクリームのように滑らか。

今回は 以上。2020 年 1 月のベージュニュースは、12 月 31 日の配信予定です。では!

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問を受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
biteki-m@shogakukan.co.jp
( 個別回答はできかねますのでご了承ください。)

ビューティ エキスパート
大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸さんの 肌・心塾
http://biteki.com/beauty-column/ootakahiroyuki

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事