メイクアップニュース
2019.11.27

素肌仕上げと高カバーが両立する!? KANEBOの新ベースメイクアイテムで自然な美肌づくり♪【美的クラブがお試し】

肌の悩みを隠そうと一生懸命になってメイクをすると、肌への負担も大きいし、メイク崩れもしやすい、意外と難しいベースメイク。そんなベースメイクに苦手意識を持っているひとにおすすめしたいのが、今季KANEBOから誕生した、あえて不完全な仕上がりで、その人だけの美しさを完成させるという、ちょっとユニークなプライマーとファンデーション。スキンケアと同様の美容成分も入っているから、乾燥シーズンに向け、高保湿系のベースメイクを探している人にもぜひ。

%e5%95%86%e5%93%81%e7%94%bb%e5%83%8f

カネボウインターナショナルDiv.
カネボウ プライマー SPF10PA+ 27ml 12,000
カネボウ クリームファンデーション 6 SPF15PA++(オークルAのみSPF10+・PA++ 30ml
塗布するだけで肌の微細な凸凹に合わせて自在に変形する“チェンジフォームジェル”により、肌をなめらかに整えるプライマー(左)。クリームファンデーションはカバー力と軽やかな付け心地を両立。光の三原色から着想を得た、3色のパールがオーロラのおように重なりあい、厳かな透明感のはる肌へと仕上げる。

コレを試しました!

%e7%94%bb%e5%83%8f1

少し粘度のあるテクスチャーですが、心地よく肌に伸び広がります。肌の凹凸を瞬時にカバーしてくれて、つるんと陶器のような肌に早変わり! 近所へ出かける程度ならば、これだけでも充分なくらい。ほんのり感じるパールのおかげか、肌のトーンアップも狙えます。

%e7%94%bb%e5%83%8f2

潤い度満点のクリームファンデーションは乾燥シーズンの救世主! 朝から夜まで全く乾燥しないし、化粧崩れもしません。プライマー同様、のびがよいのですが、不思議なことに、広がりすぎない。ファンデーションが肌悩みの位置を察知するかのように、気になるシミやソバカスなど、隠したいところはカバー。なのに、重たさを感じない心地よさが好印象です。

総合判定

素肌を底上げしたような仕上がりをかなえるプライマーとファンデーション。肌をフルカバーするのではなく、必要なところだけ隠して、隠さなくてよいところは肌の美しさを引き出してくれる、心地よさを感じます。自分らしくあれることを応援してくれるようなコスメでした。

 

美的クラブ
西山麻奈さん(オーガニックレストラン勤務・31歳)
前々から気になっていたシックスパッドをついに購入しました! 筋トレが苦手な私でも、ただボディパーツに貼るだけで筋力をつけられるというのは本当に魅力的。すっきりとした腕とウエストを目指したいです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事