大高博幸さんの 肌・心 塾
2017.1.31

2 月のベージュ! 【 大高博幸さん連載 Vol.380 】

毎月 1 回、最終週の火曜日に配信中のベージュカラーニュース。
2 月は 春の新色シーズンの幕明け。But、それよりも爆発的に素晴らしいのは、ベアミネラルから登場する『 ジェン ヌード 』リップカラーコレクション。4 タイプ 計 40 色が 全てヌードカラーで、色と質感のバリエーションは正に壮観。あなたにとってベストなベージュが 必ず見つかるはずです ( ベアミネラルは、当連載が始まって以来 最高のベージュ口紅 ( Vol.180 で紹介 ) を作ってくれたブランド ) 。もうひとつ、地味ながら見逃せないのは、P.N.Y. DIV. キスのリップコンシーラー。ベージュのリップカラーをピュアに発色させるために、コレは不可欠な脇役となるかも。
では 発売日順にサクサクッと御紹介。なお、価格は 全て税別表記です。また、画像の色は 各社のデータの関係で、赤み or 青みが強く出ている場合があるコトを御了承ください。

%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%86%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc
ポール & ジョー パウダー ブラッシュ 003 レフィル ¥2,000 ( 2.1 限定発売 )
おなじみのパウダー頬紅、春の限定新色。
003 は『 モン カナル 』 ( 私のアヒルちゃん ) と名付けられた、キュート & フレッシュなベージュピンク。別売りの限定コンパクト ( 3 種、¥1,000 ) に収めて使用します。

 

%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%a0%e3%83%a9
シュウ ウエムラ ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット BG 934、BG 943 ¥3,200 ( 2.2発売 )
マットフィニッシュでありながら、ベルベットのような伸びと保湿力を実現させた口紅の新色。
BG 934は 明るめのヌードベージュ、BG 943は ミディアムトーンのナチュラルベージュ。

 

%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%a5
イミュ デジャヴュ ラスティンファイン a 筆ペンリキッド エスプレッソ ¥1,200 ( 2.1 限定発売 )
大人気 筆ペンアイライナーの限定色。『 エスプレッソ 』は ブラウンとブラックの中間色。
適度なコシのある 0.1 mm の極細筆が優秀で、目頭から目尻のハネ上げまでラクに描ける上、ラインの太さの調整も自由自在。お湯でオフできる処方でいて ロングラスティング。

 

%e3%82%b8%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%a3
パルファム ジバンシイ ( 全て 2.3 発売 )
ルージュ・アンテルディ No.1、No.2、No.3、No.4、No.5 ¥4,000
リニューアルされたジバンシイの口紅。超微細な色素にブレンドされた〝 ブラック・ローズ・オイル 〟が、ふっくらとした弾力感のある唇を叶える。
No.1は ヌーディベージュ、No.2は オレンジベージュ、No.3は モダンベージュ、No.4は ピンクベージュ、No.5は やゝダークなナチュラルベージュ。
リップ・ライナー 09、10 ¥3,300
ウォータープルーフ処方のリップペンシル。高配合された色素が、見た目通りに発色する。
09 は やゝダークなモカベージュ、10 は 明るめのシフォンベージュ。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
Shiro ( 全て 2.3 発売 )
シアチークリップバター 7B01、7B02 ¥4,200
上品なツヤと上気したような発色が魅力の チーク & リップカラー。肌にスッと伸びてウェルフィットする クリームバーム処方。
7B01 は ごく自然なブラウンベージュ、7B02 は イキイキとしたレッドベージュ。
亜麻ネイル 7B01、7B06 ¥2,400
スキンケア製品にも使われている アマニオイルを配合したネイルエナメル。
7B01 は クレイ成分が爪の凹凸をフラットに整える、ヌードベージュ色のマットなベースコート。7B06は 透明度高めのホワイトベージュ。

 

%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af
ベアミネラル ( 全て 2.8 発売 )
ジェン ヌード ラディエント リップスティック クレイヴ、XOX、クラッシュ、キティー、ヘブン、バブルス、ヌーディスト、セクシーポット、ハニーバン、ストリップ ¥3,000
唇に滑らせると同時に、バターのようにトロける リッチな口紅。全 12 色がベージュベースですが、僕のイチオシは、ソフトベージュの『 セクシーポット 』と トーストベージュの『 ハニーバン 』。画像の他に、よりダークな 2 色もあり。
%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%82%b9
ジェン ヌード リップグロス シュガー、グルーヴィー、フォービドゥン、スナーキー、フライ、ファーアウト、トータリー、タンタライズ ¥2,800
艶やかでボリューミィな唇に仕上がるリップグロス。全 12 色がベージュベースですが、僕のイチオシは、ソフトピンクベージュの『 グルーヴィー 』と ニュートラルベージュの『 トータリー 』。画像の他に、よりダークな 4 色もあり。
%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc
ジェン ヌード マット リキッド リップカラー インフェイマス、ヘンプ、カルト、ウインク ¥2,800
唇に伸ばした直後、マットな質感に変化するリップカラー。全 12 色がベージュベースですが、僕のイチオシは、ライトピーチベージュの『 ヘンプ 』と イエロー寄りベージュの『 カルト 』。画像の他に、よりダークな 8 色もあり。
%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc
ジェン ヌード リップライナー ボーダーライン、フリースタイル ¥2,500
リップカラーとして唇全体にも使えるリップペンシル ( 全 4 色 ) 。クリーミィなテクスチャーでいて、トレンディマットな仕上がりに。
『 ボーダーライン 』は 明るめのピンクベージュ、『 フリースタイル 』は ウォームトーンのヌーディベージュ。他に、テラコッタテイストのベージュ & ダスティローズベージュの 2 色もあり。

 

reburonn
レブロン インスタブラッシュ 001、002 ¥1,500 ( 2.9 発売 )
自然な立体感を生むスティックチークカラー。頬骨の下から こめかみに向けて、約 45 度に伸ばす方法 ( 顔を細く見せるメーク法 ) が欧米で流行中。ソフトマットなテクスチャーは、スキンタイプや年齢を問わずに好まれるはず。
001 は ショコラローズベージュ、002 は ベリーピンクベージュ。

 

kanebo
カネボウインターナショナル Div. カネボウ ( 全て 2.10 発売 )
セレクションカラーズアイシャドウ 05 ¥5,500
5 つの色と質感を組み合わせたシャドウパレット、春の新色。
05 は、コーラルを帯びたブラウンベージュ系。
ヴァリアンブラッセ 03 セット価格 ¥5,500
2 つの色と質感を組み合わせたチークカラーパレット、春の新色。
03 は、自然な血色を演出する 万能的なレッドベージュ系。

 

%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3
コーセー ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー 001、002 ¥1,800 ( 編集部調べ ) ( 2.16 発売 )
頬・唇・目元に使えるカラースティック。ふんわりとしたセミマットな仕上がり。
001 は ノンパールのオールドローズベージュ、002 は ゴールドパール入りのヌーディなオレンジベージュ。

 

%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%82%a7
コーセー ヴィセ リシェ ジェミィリッチ アイズ BE-1、BR-3、BR-4 ¥1,200 ( 編集部調べ ) ( 2.16 発売 )
最高レベルの輝度を追求したシャドウパレット。
BE-1 は トパーズベージュ系。BR-3 はクールな、BR-4は 王道的なブラウンベージュ系。

 

%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%9b%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%af
コーセーコスメニエンス ネイルホリック BE310、BE815、BE816 ¥300 ( 編集部調べ ) ( 2.16 発売 )
豊富なカラーバリエーションで人気のミニネイルエナメル、春の新色。
今回は、明るいピーチベージュ、テラコッタテイストのミディアムベージュ、まろやかなローズベージュが仲間入り。ミニサイズとはいえ、この価格は 今でも信じられない。

 

%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%82%b9
エレガンス ( 全て 2.18 発売 )
フレッシュセント ルージュ 05 ¥3,800
みずみずしくクリアな発色の新トリートメントルージュ。香調は ソフトなオリエンタルフローラルノート。
05 は、ミディアムトーンのローズウッドベージュ。
ヌーヴェル アイズ 20 ¥5,500
おなじみのシャドウパレット。20 は 凛としながらも華麗な印象を放つベージュ系。左下のレッドブラウンが 洗練された女性の 妖艶な魅力を引き出す。
この他、『 エモーショナル フェイス 』 ( パウダー頬紅 ) の OR202、RD302 ( 限定色 ) も要チェック。

 

%e3%82%aa%e3%83%ab%e3%83%93%e3%82%b9
オルビス ツイングラデーションアイカラー チェリーブロッサム ¥1,000 ( 2.22 発売 )
ほんのりと発色するピンクベージュ + カーキブラウンの組み合わせ。柔らかさの中にキリッとした印象を湧わせる春の新色アイシャドウ。繊細なゴールドパール入り。
指先を用いて 片目 10 秒で仕上げる方法も◎ ( カーキブラウンを引き締め色として伸ばした後、指を変えて ピンクベージュを まぶた全体に なじませる。それだけで美しいグラデーションが生まれる。指は中指と薬指を使って。細かい仕上げには小指が最適 ) 。

 

pnd
P.N.Y. DIV キス リップコンシーラー N ¥1,000 ( 2.22 発売 )
唇の赤み・くすみを補正する リップコンシーラー。自然にムラなくフィットする半透明のソフトベージュ色で、この後に使用するリップカラーの発色をコントロールしてくれる。唇に滑らせて塗った後、指先で軽く叩くと、より均一にフィットする。
裏ワザとして、ⓐ 愛用の口紅とミックスして使う、ⓑ 口紅を塗った後、トップコート的に使うという方法も個人的にオススメ。

 

ayura
アユーラ ブーケカラーアイズ BE01、BR01 ¥3,500 ( 2.23 発売 )
繊細なパール粒子が、透明感と奥行きを演出するシャドウパレット。
BE01 は 王道的なウォームベージュ系、BR01 は 都会的なブラウンベージュ系。
他に『 シフォンブラッシュ 』 ( パウダー頬紅 ) の PK02、OR01、さらに ベージュではありませんが、100% 透明ヌード発色の『 シロップチーク 』 ( 肌に染まるような処方のリキッドチークカラー ) 3 色も要チェック。

 

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab
シャネル ( 全て 2.24 限定発売 )
レ キャトル オンブル #284、#292 ¥6,900
完璧なコントラストとハーモニーを創造する シャドウパレット、春の限定新色。
#284 は エレガントかつダズリングなスモーキートーン、#292 は デリケートなウォームトーン。
プリセ ルミエール ドゥ シャネル ¥7,500
和紙に透ける柔らかな光にインスピレーションを得たという、ハイライティングパウダー。明るいゴールドのニュアンスをたゝえたピンクベージュカラーで、頬骨のトップを中心にブラシオンすると 美しい立体感が生まれる。

 

%e3%83%ab%e3%83%8a%e3%82%bd%e3%83%ab
カネボウ化粧品 ルナソル 10th アニバーサリー スキンモデリングアイズキット with WALNUT ¥5,000 ( 2.24 限定発売 )
ルナソルを象徴するシャドウパレットの、デビュー 10 周年記念限定キット。キュートなパッケージは、人気イラストレーター「 WALNUT 」とのコラボレーション。
『 Beige Beige 』という名のシャドウは ニュートラルでいてスタイリッシュ。左上はメタリックな輝きのハイライター。右上と左下のベージュは、ルナソルならではのデリケートなニュアンスベージュ。
ポットに入った『 クリーミィチークス&リップス 』は、若々しく生き生きとしたアプリコットレッド。なめらかな軽いタッチで伸び、程よく発色する。
2 月のベージュは以上。3 月のベージュニュースは、2 月 28 日 配信予定です。では!

 

 

アトランダム Q&A企画にて、 大高さんへの質問も受け付けています。
質問がある方は、ペンネーム、年齢、スキンタイプ、職業を記載のうえ、こちらのメールアドレスへお願いいたします。
試写室便り等の感想や大高さんへのコメントもどうぞ!
info@biteki.com
(個別回答はできかねますのでご了承ください。)

ビューティ エキスパート
大高 博幸
1948年生まれ。24歳の時、日本人として初めて、パリコレでメークを担当。『美的』本誌では創刊以来の連載「今月のおすすめ:大高博幸さんが選ぶベストバイ」を執筆。
■大高博幸さんの 肌・心塾
http://biteki.com/beauty-column/ootakahiroyuki

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事