実樹Beauty
2020.1.29

プチプラコスメで解決!「毛穴を消すファンデの塗り方」【有村実樹の美LIFE #13】

「大寒」は過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きますね。
皆さん寒さ&乾燥に負けていませんか?

今回は多くの人が悩む毛穴トラブルについてお話しします。
暑い時期の方が毛穴や皮脂トラブルは起きがちですが、冬も油断禁物。
というのも、冬は乾燥で肌がたるむことによって毛穴が下へと引き伸ばされ大きく目立ちやすくなるのです。
さらに、肌は乾燥を感じると皮脂膜を張って潤いを保とうとするためテカリを引き起こすことも。

そこで今回は、肌を守りつつしっかり毛穴をカバーするメイク法をご紹介します!

使用するのはこちら。

img_7958
img_7960

モイストラボの皮脂毛穴用下地と、同じくモイストラボのファンデーション。

それを、ブラシで塗布していきます。
ブラシはベアミネラルを使用。

ファンデーション用ブラシは様々なものがありますが、毛穴をカバーするには先端が平らに揃えられたものがオススメです。
もちろんプチプラでもOK!ブラシの形状を意識して探してくださいね。

皮脂と毛穴をカバーをする際のポイントは以下の3つ!

(1)事前のスキンケアはたっぷりと。
1日のメイク持ちは朝のスキンケアで大きく左右されます。
保湿が足りていないと早い段階で肌の乾燥が進み、皮脂が過剰分泌。
昼にはもうテカって崩れているなんてことになりがちです。
朝は化粧水は2度づけ、乳液はうっすらくらいがメイク前のベストな肌へと繋がります

(2)下地はベタ塗りせず、手のひらで伸ばしてから。
下地は沢山塗ればいいというわけではありません。塗りすぎは速攻でファンデのヨレにつながるので注意!
手のひらで広く伸ばしてから塗ると、1箇所に溜まらず均一に顔全体へと下地を塗り広げることができます。

img_7956

(3)ブラシは下から毛穴に刺し込むようにあてる。

fullsizeoutput_d47

fullsizeoutput_d4d

fullsizeoutput_d4b

肌は乾燥するとたるみます。たるんだ毛穴に対しては下からブラシをあてて、くるくると回しながら塗布することで様々な角度からファンデがフィット!
パテのように埋める塗り方はシワに溜まってヨレたり毛穴落ちしがちですが、ブラシによるクルクル塗りはふわっと立体的につけることができます。
ファンデの量も減るのでメイク崩れも格段に減りますよ。毛穴へ刺し込むといっても、本当に刺そうと思うと力が入りすぎてムラづきします。
角度を意識して、ただあてるだけで十分ですよ。

ハイレベルなプチプラコスメが沢山発売されていますが、ブラシを使うとさらにクオリティがUP!
とは言え、コスメやツールはただ使えば良いわけではありません。塗り方や手の動かし方一つでアイテムの値段も関係なくなるくらいに、メイクの仕上がりに違いが出てきます!

小技を身につけて、薄づきなのに綺麗にカバー!を体感してください♪

instagramでは「プチプラコスメを使った毛穴を消すファンデの塗り方」のメイク動画を公開中!
合わせてチェックしてくださいね。
@arimura_miki

使用アイテム

img_7958

モイストラボフローラ 皮脂くずれ毛穴カバー下地
モイストラボ BBミネラルファンデーション ナチュラルベージュ
ベアミネラル スムージング フェイスブラシ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事