お悩み別ケア
2016.9.13

ほうれい線も…塗らなきゃ損!? 「アイクリーム」時短美容家の活用術3つ

美容熱心な女子は、パーツごとに効きそうなアイテムを買い揃えたいけれど、「予算には限りがある……」と感じていることも少なくないはず。

本来は各パーツごとにコスメを揃えるのが理想ではありますが、金欠だったり節約しなくてはならなかったり……という事情があることも多々。そこで万能的に大活躍してくれるコスメアイテムがあれば嬉しいですよね。

実は、目元用に作られているアイクリームは、目の周り以外にも使える優れモノもあります。そこで今回は、時短美容家の筆者が”アイクリームの意外な活用法”を、3つご紹介します。

 

■1:首

「シワが気になる首に、ハリを与えてくれるコスメを使いたい……!」と思っているなら、アイクリームを使ってみてください。

アイクリームには目元のシワやくすみを防ぐ成分が含まれているので、塗ることで首元のシワも薄くなる効果が期待できます。

実は筆者、スキンケアのたびに、目元に使ったあと、指先に残ったアイクリームを首筋にスッと馴染ませています。首元の皮膚がピンッと張る感覚がするので、エイジングが気になる時にはぜひ応用してみてください。

 

■2:ほうれい線

加齢とともに気になるパーツが、ほうれい線。深~いシワが刻まれると、一気に老け顔が加速しますよね。

アイクリームに含まれるハリやシワにアプローチする成分は、ほうれい線ケアにも応用可能。皮膚の弾力をアップさせるためには、保湿が不可欠ですが、アイクリームを塗ることでほうれい線のスペシャル保湿ケアにもなるんです。

ほうれい線は毎日のケアが重要なので、目元に使った残りを塗るように意識してみてもいいかもしれません。

 

■3:リップ

リップクリームをつけても唇の潤い不足を感じている……というのであれば、アイクリームをリップにちょこっと付けてみて。ただし商品によっては、唇に合わない場合もあり、使用がNGなこともあるので、確認してから様子を見ながら試してみましょう。

唇の皮膚も繊細ですが、もっとも繊細な目元用に作られているクリームなら安心して使うことができるタイプもあります。

目元のシワにアプローチする“ふっくら成分”と”保湿成分”が唇にも働きかけてくれるので、リップクリームよりも即効性のある唇ケアになることも。裏ワザとして役立つことがありますよ。

 

アイクリームは繊細な目元用に作られているからこそ、他のパーツにも応用ができるのは嬉しいですよね。

出先の応急ケアにも重宝しますから、ポーチにあと1つだけコスメを入れるのであれば「迷わずにアイクリーム」かもしれません! ぜひ参考にしてくださいね。

 

初出:美レンジャー  ライター:並木まき

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事