スキンケアニュース
2022.11.22

強く健康的な肌を育む秘訣は? ランコム ディレクターのアニー・ブラックさんにインタビュー!

\"\"

いま旬のコスメのクリエイターに会いたい! 今回は、ランコム インターナショナル サイエンティフィック ディレクターのアニー・ブラックさんにお話を伺いました。

揺るぎない、強く輝く肌を目指し、ランコムの美肌菌研究はこれからも続きます

今でこそ肌の常在菌バランスを整えることは美しい肌を保つ上で大切、というのは広く知られた事実。しかしランコムが“美肌菌”の研究をスタートさせた約15年前はまだ「菌は、肌にいいものなの!?…」といった漠然としたイメージが広がっている時代でした。そんな中ランコムは、誰もが生まれながらにしてもつ美肌菌の可能性にいち早く気づき、研究を続けてきました。そこで誕生したのが、今多くの人を夢中にさせているスター美容液、ジェニフィック アドバンスト N。2019年の発売以来たちまち大ヒットし、あらゆる媒体でベストコスメを受賞。今なおその人気は加速し、5つ星を獲得したレビューは1万件以上、さらに5秒に1本売れているなど伝説を生み出し続けています。

そして先日、このベストセラー美容液の人気の秘密をひもとくスペシャルPOP UPイベントが東京で開催され、それに伴い来日したランコム インターナショナル サイエンティフィック ディレクターのアニー・ブラックさんに話を伺いました。

 

東京、表参道にて9月30日~10月2日に開催されたスペシャルPOP UPイベント『ランコム 美肌菌ステーション』の様子。大盛況で幕を閉じた。

 

「ランコムでは、肌に存在する数十億もの微生物群(マイクロバイオーム)を美肌菌と呼んでいます。ちなみに美肌菌のバランスは指紋のようなもので、誰ひとりとして同じものはありません。生活環境や年齢、ライフスタイルなどによって種類や数も大きく左右されます。目には見えないけれども、保護、制御、回復の役割を果たし、美しい肌の土台となるものです。しかしこのバランスはときにさまざまなストレスで乱れることがあり、それが肌トラブルへとつながってしまうのです。つまり美肌菌の働きを高め、バランスを整えることこそが強く健康的な肌を育む秘訣といえます」

そこで活躍するのが洗顔後すぐの肌に使用する美容液、ジェニフィック アドバンスト N。ワンプッシュに約3000万個もの酵母菌が含まれ、7種のプレ/プロバイオティクス由来成分を配合。軽やかなテクスチャーで浸透し、美肌菌にアプローチしてバリア機能を強化。輝き、潤い、キメ、ツヤ、なめらかさ、毛穴印象、ハリ・弾力感といった7つの肌体感にも働きかける。このマルチな機能っぷり、肌質や年齢を問わずにその人の美肌のポテンシャルをぐっと引き上げてくれる点も多くの人が魅了される理由のひとつ。

「我々は今、マイクロバイオームサイエンスを専門とする世界的な機関と研究を続けていますが、この分野はまだまだ多くの可能性を秘めていると感じています。今後の展開もぜひ楽しみにしていてください」


スポイト式で1回の適量をワンプッシュでとることができ、日本専用フォーミュラのみずみずしい使用感が特徴。マンノースやビフィズス菌エキスなど7種の美肌成分(プレ/プロバイオティクス由来成分)が強く輝く肌へと導く。
ランコム ジェニフィック アドバンスト N 30ml ¥11,550

ジェニフィック アドバンスト Nの詳細・購入はこちら

 

ランコム インターナショナル サイエンティフィック ディレクター

アニー・ブラックさん

2004年にロレアルグループに入社後、細胞・組織工学の開発責任者を務め、’19年から現職。多くのスキンケア製品の研究開発に携わり、世界各国のメディアとのコミュニケーションリーダーの役割も担う。

 

『美的』2023年1月号掲載
撮影/李 有珍(aosora) 構成/安井千恵

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事