メイクアップニュース
2021.7.14

ジバンシイ「プリズム・リーブル」がチークに! 感情が高ぶった時の“紅潮感”がポッと頰に出現【美的クラブがお試し】

マスクをしていると顔全体に血色感が足りず、なんだか顔色も悪いし、表情までどんより見える…。これらの悩みの解決のカギとなるのは、マスクからちょっぴり現れる頰の血色感! ジバンシイの新パウダーチークは、マスクから覗く血色感が、自分の体温がそのままにじみ出たかのような自然さで溌剌としたオーラを演出してくれます。 単なる4色のチークでなく、ジバンシイが誇るテクノロジーだからこそ生み出される“紅潮感”。その秘密に美的クラブが迫りました!

PRISME LIBRE BLUSH 21 02 TAFFETAS ROSE PACKSHOT 2021

パルファム ジバンシイ
プリズム・リーブル・ブラッシュ 全4色 ¥6,600
※写真はNo.2 ローズ・タフタ

ただの“血色”でなく、うれしい時や胸が高鳴っている時などの感情のまま頰に描き出される“紅潮”にこだわりをもち、ルースパウダー同様“ピクセル テクノロジー”を採用。異なる4色の超微粒子紛体が肌の上で点在することにより、生気あふれる紅潮感の再現が可能に。また、ひと粒ひと粒が透き通るようなクリアカラーピグメントなので、どのように重ねても透明感のある仕上がり、かつその美しい発色が12時間続く。

コレ試しました!

img_9396

私が今回試してみたのは、No.2のローズ・タフタ。バスルームから出てバスローブでカームダウンしている時の、湯上りの頰を思わせるカラーなんだとか! 何とも自然で分かりやすい例え♪ パフで本体ケースを押さえて2回程上下にシェイクしてから、頰にポンポン! その後、パフで小さな円を描きながらなじませるようにぼかします。

img_9394

使用する前の見た目の印象はかわいらしい明るめのピンク。実際に肌につけてみると、良い意味で若くなりすぎずに、血色感のある頰を演出してくれます。チークをつけている部分とその他の境界線が曖昧にぼかすことができて、仕上がりが本当に自然でびっくり!

総合判定

4色の粒の細かいルースパウダーがパフについた時に混ざり合ってカラーを作ってくれるので、テクニックいらずで、このチークのコンセプト通り、生気あふれる溌剌とした表情を簡単に作ることができました! しかも超自然だし、夕方になってもカラーが濁ることなく、つけたての美しい状態をキープしてくれます。
ルースパウダーが出てくる“G”のロゴもおしゃれだし、天面が鏡になっているので出先にちょっと血色感を足したい時にも便利! マスクからちょっぴり血色感が見えてるだけで全然印象って違うんだなと再認識しました!

 

美的クラブ
鶴崎真純さん(看護師・31歳)
コロナ禍で外出自粛をしていて、お家時間を充実させたいと思い、セルフジェルネイルを始めました。カラーやデザインなど自分好みにできるし、ちょっとした時間に作業ができるので、ネイルサロンに行くよりも今の自分の生活スタイルに合っているかも♪ 初心者でもトライしやすいデザインやグッズなども豊富なので、失敗もありませんでした! もう少し慣れてきたら、レベルアップしたデザインに挑戦するつもりです♪

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事