メイクアップニュース
2021.7.4

【美的ベスコス】自分らしい肌作りが可能に! 2021上半期・ベースメイクをH&M長井かおりさんが徹底解説

長井さん オールマイティコスメだと思います。メイクアイテムというより、棒状に固めたスキンケアのよう。一般的なハイライトのように後からのせたツヤではなく、スキンケア効果で得られるスチーミーなツヤを再現でき、目頭、目尻、眉上へ少量をチョンとのせるだけで、メイク上手ではなく“潤っているだけの人”に見えるんです。フジコのクッションファンデーションも、肌全体を心地よく覆って包み込むスキンケアのよう♪ スキンケアやオイル成分が豊富で、肌コンディションが今イチなときに使っても艶やかで明るくヘルシーな肌印象へカムフラージュしてくれますよ。日焼け止めやメイク下地不要で使えるのも、肌を少しでも薄くしたい今の時代のニーズに合っていると思います。

デュアルクッション ヘルシーカラーの詳細はこちら

\重ね塗りすれば色ムラも自然にカバーできます/
eos_0677

 

「くずれにくさも質感も進化し、肌作りが自由に。概念は捨てて試すべき」
−ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさん

 

『美的』2021年8月号掲載
撮影/魵澤和之(まきうらオフィス・人物)、金野圭介(静物) 構成/北川真澄

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

1 2 3 4

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事