メイクアップニュース
2017.11.4

揺れる光で…美人オーラほわっ「ルナソル2017冬の新作」全部見せます

“浄化メイク”=手を抜かず丁寧にメイクをすることで、心まで洗われるような気分に導かれるメイクアップ。そんなメイクを提案し続けているブランドLUNASOL(ルナソル)が、冬の新作“Candle Night Collection 浄化メイク2017 winter”を、2017年11月17日(金)より発売します。その新作発表会に編集部が潜入し、いち早くお試ししてきました。

澄みわたる空気の中で揺らめくキャンドルの光にインスパイアされたチラチラと繊細な輝きを放つアイテムたちは、ひと塗りするだけで、まさにロウソクの明かりのようなほわんとした美人オーラを放てるものばかり。そのラインナップをすべて紹介します!

また、イベントでは新作コスメを使ったデイリーメイクと、デイリーメイクに“ちょい足し”することで華やかなアフター5仕様メイクにシフトできるプロ技のレクチャーも。その様子もあわせて紹介します。

 

ルナソルの秋冬メイクはキャンドルみたいに暖かいきらめき!

この冬ルナソルから登場したのが、揺らめくキャンドルの光にインスパイアされたメイクアイテム。澄んだカラーにあたたかに揺れる光感を合わせることで、凛とした中にもやわらかさのある表情を生見出します。

ラインナップはアイシャドウ、アイライナー、リップ、チーク、ネイル。

◆ルナソル『ウォームキャンドルアイズ』(限定3種/4,000円<税抜>)


チラチラと揺らめく光感で、やわらかくあたたかみのある目もとを演出する2色セットの限定アイシャドウ。

ソフトな感触のニュアンスカラー(パレット右)がふわっと発色して、まぶたにやわらかな奥行きを与え、シアーな発色のキャンドルライティングカラー(パレット左)を重ねると、濡れたようなツヤ感と揺らめくきらめきが生まれます。

(写真上から)

・EX01 Warm Coral

キャンドルの灯りを映したようなあたたかで優しい印象の目もとを演出するウォームコーラル。

・EX02 Pink Charcoal
シックなピンクとチャコールブラウンの掛け合わせが女性らしさを演出するピンクチャコール。

・EX03 Ivory Navy
澄んだネイビーとあたたかみのあるアイボリーがシックな印象を与えるアイボリーネイビー。

◆ルナソル『ディープ&シャインライナー』(限定3種/2,800円<税抜>)

目もとを自然に引き締めるディープカラーと澄んだ輝きのシャインカラーが1本になった限定のカラーライナー。
ディープカラーで上まぶたを引き締めたら、シアーな発色で繊細な輝きを与えるシャインカラーで下まぶたに潤んだようなニュアンスをプラスできます。

写真の色はダークなレッドとシアーにきらめくピンクを掛け合わせた“EX02 Deep Red×Pink Shine”。

ほかにも落ち着いたブラウンときらめくベージュを掛け合わせた“EX01 Deep Brown×Beige Shine”と、深みのあるネイビーときらめくシアーなアイボリーを掛け合わせた“EX03 Deep Navy×Ivory Shine”の色味があります。

◆ルナソル『オイルリップバーム』(限定3色/3,000円<税抜>)

なめらかなテクスチャーと透けるような発色でうるおい感のある唇に仕上げる限定リップバーム。
透明感のあるカラーが唇に自然な血色感を与え、時間が経つほどに唇の水分に反応して、鮮やかに色づいていくティント処方。

バームタイプならではのツヤとうるおい感のある仕上がりで、ピュアで女性らしい表情をもたらします。

(写真左から)

・EX03 Tint Bordeaux
深みのあるボルドーが透けるように発色して女性らしい印象を与えるティントボルドー。

・EX02 Tint Red
ピュアなレッドがシアーに唇を彩るティントレッド。

・EX01 Tint Shiny Pink
シアーなピンクにキャンドルのようなあたたかみのあるパールを散りばめたティントシャイニーピンク。

◆ルナソル『カラーリングソフトチークス』(全2種/※ケース&ブラシセット価格5,000円<税抜>)

質感の異なる3色をミックスすることで、自然な血色感と立体感を演出する3色セットの新チーク。

しっとりとやわらかな感触のパウダーが溶け込むように肌になじんで自然に一体化。透けるような光と計算された発色がひとつになることで、ふわっと高揚したようなニュアンスが生まれあたたかみのある表情に。

色は肌になじみながら自然な血色感を与えるベージュレッド“01 Beige Red”と、やわらかくフェミニンな印象のローズピンク“02 Rose Pink”(写真は01)。

◆ルナソル『ネイルフィニッシュN』(限定3色/1,500円<税抜>)

キャンドルの光をイメージしたネイルカラーの限定色も登場。

あたたかな輝きを宿したキャンドルライティング、冬の澄んだ空気を感じさせるアイスピンク、つややかな闇のようなブラキッシュブルーの3色展開です(写真は“EX67 Blackish Blue(ブラキッシュブルー)”。

 

デイリーメイクからムードのある女っぽ顔に!仕事帰りに簡単イメチェンするプロ技

発表会では、プロのメイクアップアーティストによるタッチアップも。

新アイテムを使って好感度の高い“昼の顔”をつくる方法と、そこにパパっとちょい足しすることで、仕事終わりにオシャレな場所に出かけるのにぴったりな“夜の顔”へと変身するテクニックをレクチャーしてくれました。

<デイリーメイク>

・目もと・・・『ウォームキャンドルアイズ』の“EX01 Warm Coral”を使用。

最初にコーラルオレンジ(ニュアンスカラー:パレット右)をアイホール全体にしっかりのせます。その上から光感が美しいパールベージュ(キャンドルライティングカラー:パレット左)をニュアンスカラーとの境目に少し重なるようにまぶた全体にオン。濃い色の上に明るい色を重ねることで、目もとに奥行き感が出るそう。

オレンジは肌のくすみをキレイに取ってくれる色なので、大人の女性にはオススメのカラーなのだとか。

アイラインは引かず、マスカラだけで目もとは仕上げます。

 

・リップ・・・『オイルリップバーム』の“EX02 Tint Red”を直塗り。唇の水分量に反応するため、1~2分経つとはっきり色出てきます。ですので、「物足りないかも」と思っても、少し待って。色が落ち着いてから、それでも薄いと感じるなら重ねましょう。

私も会場で試してみました。下が何も塗ってない唇。

『オイルリップバーム』の“EX02 Tint Red”を1度だけ直塗りしてみると……下の写真のように、ぷるんとしたみずみずしい唇に。シアーな発色なので「赤リップはちょっとハードルが高い」という人も抵抗なく使える、自然な血色感です。

肌・・・チークに『カラーリングソフトチークス』の“01”を使用。こちらは誰が使っても肌なじみがよい鉄板カラーだそう。

ツヤ肌ブームは続行中なものの、この秋はパウダーチークで少しマットな質感を頬に入れるのがトレンド。フォギーな質感があることで、その他のパーツのツヤが引き立つ効果があるんだとか。黒目の下あたりからオーバルにフワッとのせます。

これでヌケ感がありながらも輝きをまとったデイリーメイクが完成。

<夜メイク>

上記のメイクに、アイライナーを足し、リップの色を変えるだけ。たったこれだけで印象がグッと変わります。

目もと・・・『ディープ&シャインライナー』“EX03”を使用し、ディープネイビーのアイラインを目尻側1/3に入れる。目頭まで入れないことで柔らかさを残しつつも、目もとに深みがグッと増します。これで雰囲気のある暗いお店でも、目力のある印象的な瞳に。

続いて下まぶたにシャインカラーを目頭から黒目の下あたりにまで引いていきます。黒目に光が反射して、潤んだような瞳が完成。

リップ・・・『オイルリップバーム』の“EX03 Tint Bordeaux”を使用。今年トレンドのベリー系リップで、色っぽさをオン。ティントタイプは食事をしても落ちにくいのも高ポイント。

肌・・・『カラーリングソフトチークス』の“01”を使用。一番右のハイライトカラーは、これだけでメイク直しに使えるそう。目の下の三角ゾーンや小鼻のワキなど、くすんだりテカリが気になる部分にササッとはたくと、それだけで美肌が復活するんだとか!

冬のイルミネーションに負けない色っぽさと華やかさのある顔に仕上がりました。

 

仕事モードからオシャレモードへと上手にオン・オフできるメイクテクは、これからのイベントシーズンにも役立つはず。目もとに、唇に、頬に……上品な輝きをのせて、いつもよりドラマティックな美しさをまとってみては。(※価格はすべて編集部調べです。)

 

初出:美レンジャー  ライター:美レンジャー編集部

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事