メイクHOW TO
2021.1.26

目指したのは“絹ごし豆腐”のテクスチャー!? 「アルビオン べリーレア エアー」誕生秘話

2020年も大いに盛り上がったベストコスメ。発売されたたくさんの化粧品の中で、見事栄冠に輝いたアイテムの裏側を徹底取材。担当者が開発にかけた思い、アイディアの源など、深堀りしました!

アルビオン べリーレアエアーが生まれるまでの愛と情熱の開発ストーリー

新体験のレアな肌溶けでナチュラルなツヤ美肌!

202102gp128-4
肌にじゅわっと溶け込むレア質感なのに、驚く程軽やかなつけ心地の新感触ファンデーション。下地不要で肌にしっとりふんわり密着。まるで第2の肌のような仕上がりに。

・『美的』1月号 下半期べスコス賢者編 パウダリーファンデーション部門1位

【アルビオン べリーレア エアーのココが好き!】
「ふんわり仕上がって肌がキレイに見える!」(一般事務・30歳)
「軽いつけ心地なのにちゃんと化粧した感があるところが好き」(会社員・31歳)

価格発売日SPF・PA
¥5,000(ケース込み)2020-08-17全4色SPF33・PA+++

ベリーレア エアーの詳細はこちら

株式会社アルビオン 商品開発部

百済貴子さん

「レアなのにふわっとエア!絶妙な感触です」

くだらたかこ/幼い頃肌が弱かったことで、人の悩みを解決する物作りがしたいと化粧品開発の道へ。斬新な発想でヒット商品を連発。

202102gp128-5

“前作が生チョコだとしたら今作は“絹ごし豆腐”。よりきめ細かく肌との一体化を実現!”(百済さん)

オイルの成分とパウダーを裏ごしするようにミックス

ライターN 2016年に発売された「ベリーレア」は、パウダーでもクリームでもない、とろける感触が特徴的で大ヒットしました。その進化版の“べリーレア エアー”はレアの心地よさはそのままに、ぐんと軽やかな使い心地になりましたね。

百済さん はい。私も前作のとろけるような感触が大好きで。今回担当することになり、絶妙なバランスで成り立っているレアらしさを失わずにバージョンアップできるだろうか…とプレッシャーでした(笑)。

ライターN どこに着目したんですか?

百済さん イメージしたのはなめらかな“絹ごし豆腐”。オイルなどの成分とパウダーを絹ごしのようにきめ細かく丁寧に混ぜ合わせることで、もっとふわっと軽やかでなめらかな感触を実現できないかと考えたんです。トライ&エラーを繰り返してなんとか試作品にこぎつけたんですが、いざ工場で生産する段階になったら今度はうまく固まらなくて…。温度条件や混ぜ方を再び見直したり、商品として生産出来るようになるまで1年以上かかりました。発売に間に合うかぎりぎりまでハラハラしどおしでしたね。

ライターN ほんと、肌の一部になったようになめらかになじみますよね。肌への負担感がないのにくずれない!

百済さん それが自慢です。乾燥肌には程よくしっとり、オイリー肌にはぴったりつくので肌質も選ばないんですよ!

202102gp128-1
親しみやすい笑顔がキュートな百済さん。開発エピソードもとっても楽しそうに話してくれました。

べリーレア エアーをこよなく愛する読者が質問!

Q.よりキレイに仕上げるコツはありますか?

A.スポンジにしっかりとって大胆にのばして
「少しずつ小刻みにつけるのではなく、ロングストロークで塗るのがおすすめ。スポンジをクルクルさせてファンデーションをしっかりとり、頬からのばしましょう。肌と一体化するようにピタッと密着し、毛穴もカバーできます」(百済さん)

\つける量はこれくらい/
202102gp128-2

\一気にのばします/
202102gp128-3

 

Q.仕事の熱意はどこからわいてきますか?

A.感動を与えたい気持ちがモチべーションに
「アルビオンに入社した理由は、官能評価にとことんこだわった物作りの姿勢に惹かれたから。使う人に“こんな気持ちいい感触ってあるの?”って驚いてもらえたらいちばんうれしいし、それまでの苦労も吹き飛びます」(百済さん)

202102gp126-3
試作品はすべて自分の肌でテストして納得が行くまで感触や仕上がりを追求。その感想を書き留めたノートは10冊以上!

 

『美的』2021年2月号掲載
撮影/フカヤマノリユキ 構成/野村サチ子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事