メイクHOW TO
2020.8.28

キュッと小顔に見せるチークの入れ方|1テク30秒でたるんだ頬を引き上げる!【美的GRAND】

どんな顔も1テク30秒でカムフラージュする“シュッと見え小顔メイク”を、ヘア&メイクアップアーティストのAYAさんが教えてくれました。今回は、たるんだ顔を引き上げるチークの入れ方をご紹介します。

逆3角チークで下がった頬を引き上げる!

頬がハリを失って下がり、のっぺりとしがちな40代に欠かせないのがチーク。「自然な艶のあるピンクベージュのチークを選び、逆3角形に入れると、頬につるんとした立体感が宿り、余白も埋まって小顔に見えます」(AYAさん)。色と艶による立体感&血色アップで、若々しく見える効果も!大きなブラシを使えばムラなくついて失敗知らずです。

こんな人におすすめ!
□顔がたるんで頬の位置が下がってきた
□面長の顔をキュッと小顔に見せたい
□年を重ねて顔が間延びしてきた気がする

 

逆3角チークはここに入れる!

kd_cut07%ef%bc%bf0023
法令線のすぐ外側に逆3角形を作るように入れる

 

使用アイテム

ベージュピンクチーク&パウダーブラシ
kd_200519biteki_g1419
右/AYAさんがチークをつける際は、このフェースパウダーブラシを愛用。上質で柔らかい毛がチークの色を面でふわっとのせてくれるので、ムラにならず自然な仕上がりに。
SUQQU フェイス ブラシ ¥30,000

左/大人に程よい血色感を与えながら、肌に優しくなじむピンクベージュ。自然なツヤで頬に立体感を生み出す。
NARS ブラッシュ 4081 ¥3,700

 

HOW TO

kd_cut07%ef%bc%bf0013
1.黒目の目頭側の延長線上がスタート地点
ブラシにチークを含ませ、ティッシュの上でなじませる。黒目の目頭側の延長線上、目の少し下を起点に、外側へブラシを動かす。

kd_cut07%ef%bc%bf0021
2.法令線にかからぬように下側へ
1と同じ起点から、斜め下に向けてブラシを動かす。法令線にかからないよう注意して。程よく色づくまで1→2を繰り返しす。

 

BEFORE:ナチュラルメイク
\美人でも、チークなしだとのっぺりした印象。余白が気になりがち/
640

+1tech:逆3角チークをプラス
\ベージュピンクの色と艶で頬がキュッと立体的な印象に!/
kd_cut07%ef%bc%bf0034cheek

 

 

教えてくれたのは…
kd_aya
ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん
雑誌や広告で活躍中。骨格を丁寧に整えていくメイクは、“美人になれる”と著名人からの指名も多数。

『美的GRAND』2020夏号 掲載
撮影/横山創大(人物)、吉田健一(静物) ヘア&メイク/AYA(LA DONNA) スタイリスト/城長さくら(Kind・人物) モデル/中村ゆり 構成/大塚真里

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事