メイクHOW TO
2020.7.6

ゲランの化粧下地でみずみずしさと輝きのあるワンランク上の肌へ!塗り方もご紹介

現在販売中のゲランの下地、全3種をご紹介! 見た目もラグジュアリーなメイクアップベースは、金箔やダイヤモンドパウダーを閉じ込めたカプセルが入っているので、肌に美しい艶と輝きを与えてくれます。2020年新作の下地は天然由来成分97%で素肌もケアしてくれる優れもの。ぜひチェックしてみてください。

【目次】
毛穴をカバーしながら素肌もケアしてくれる、2020年新作下地
ピンク色のパールで澄んだ肌に導くメイクアップベース
ラグジュアリーな使い心地、金箔入りのジェルベース
くすみ&色ムラのない透明肌を仕込む化粧下地の塗り方

毛穴をカバーしながら素肌もケアしてくれる、2020年新作下地

レソンシエル プライマー

レソンシエル プライマー

【このアイテムのポイント】
・天然由来成分97%で健やかな素肌を育む。
・シリコンフリーながら毛穴をカバーし、24時間皮脂バランスをコントロール。
・バリア機能を強化し、素肌をケアしてくれる効果も。
30ml ¥6,200

レソンシエル プライマー

ピンク色のパールで澄んだ肌に導くメイクアップベース

メテオリット バーズ

メテオリット バーズ

【このアイテムのポイント】
・保湿ジェルとカラーパールがワンプッシュごとに溶け合う下地がパワーアップ。
・“スターダストテクノロジー”によって輝きと明るさがプラス。
・テクスチャーのフレッシュさ、パールのピンク色の調色により、瞬時にくすみのない肌へ。
30ml ¥9,500

メテオリット バーズ

ラグジュアリーな使い心地、金箔入りのジェルベース

ロール エッセンス エクラ

ロール エッセンス エクラ

【このアイテムのポイント】
・大人肌を輝きと潤いで満たす24金入りのジェルベース。
30ml  ¥10,200

ロール エッセンス エクラ

くすみ&色ムラのない透明肌を仕込む化粧下地の塗り方

顔全体に薄く密着させ“塗った”感のない仕上がりに

\塗り方のポイント/
下地を“仕込みべース”に格上げする、そのコツは塗り方。指の腹全体で薄く均一にのばし、ストッキングのように均一なフィルターをかけます。くすみや色ムラが払拭され、光がキレイに回る透明感の仕込みが完成!

顔全体に薄く密着させ“塗った”感のない仕上がりに

【STEP1】面積の広い頬からのばしていく
手の甲に適量の下地をとり、指の腹に少しずつとって使用。まずは、頬全体に、指の腹全体を使って薄くのばし、密着させる。

顔全体に薄く密着させ“塗った”感のない仕上がりに

【STEP2】額も生え際までごく薄くのばして
額には頬よりもやや少なめの量を塗る。額の中央から全体に塗り、髪の生え際は丁寧にぼかし込むようにすると、自然な仕上がりに。

顔全体に薄く密着させ“塗った”感のない仕上がりに

【STEP3】小鼻はくるくると円を描くように
指に薄くとって鼻全体とあごにも薄く均一に塗る。毛穴が大きい小鼻の周りは、下から上へくるくると円を描くようにして密着させる。

顔全体に薄く密着させ“塗った”感のない仕上がりに

【STEP4】細かい部分のヨレを防止
よく動く目の際や法令線は下地がたまってヨレやすいので、仕上げに指の腹でならすように整える。最後に首筋へぼかし込んで。

\+aの悩みに合わせてひと工夫/

顔全体に薄く密着させ“塗った”感のない仕上がりに

毛穴が気になるなら…
頬の毛穴の開きやたるみが気になる場合、目尻を少し引っ張り上げるようにして、指の腹でくるくると塗り込む。毛穴の凹凸に下地が密着してなめらかに。

顔全体に薄く密着させ“塗った”感のない仕上がりに

くすみ感が気になるなら…
下地を塗った後に顔全体を鏡で確認しなんとなくパッとしないと思ったら、くすみやすい口角の下側に少量の下地をなじませて。顔がパッと明るい印象に。

化粧下地のキレイな塗り方|4ステップでくすみ&色ムラのない透明肌へ

※価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事